アーティスト情報 一覧

ラグーナビーチ公演まで、ついに1週間をきりましたね。
今のところ天気の心配も無さそうです!

というわけで今日も出演アーティストを紹介。
紹介するのはBIGMAMAです。
BIGMAMA_110518.jpg

彼らは2002年結成のロックバンド。
エモーショナルなパンクロックをルーツにしながらも、
バイオリンを擁するバンド編成から個性的なサウンドを作り出してきました。
英語詞と日本語詞が交わる世界観も、彼らならではのバランス。
(こちらでpvの視聴も可能です→http://rx-records.com/band/select/bigmama)

2008年頃から口コミでジワジワと人気を広げ、
同年リリースしたアルバムはオリコンインディーズチャート1位を記録。
大型フェスにも多く出演を果たし、ライブの動員をあげてきました。

ちなみにTREASURE05Xに出演した次の週には、
ニューシングルとDVDのリリースも決定済み。
当然、この日も披露してくれることでしょう!

今日はラグーナビーチ公演のDESERT STAGEに登場予定、
SPYAIRのIKEさんとKENTAさんに話を聞いてきました。
IMG_2072.jpg

SPYAIRは名古屋で結成されたロックバンドで、
ライブハウスでなく、野外でゲリラライブをすることで知名度をあげてきました。
(参考までに、デビュー当時の昨年のインタビューもどうぞ)

期待のミクスチャーバンド、SPYAIRいよいよ名古屋からメジャーデビュー

最新シングル「BEAUTIFUL DAYS」が、
日本テレビ系土曜ドラマ「ドン★キホーテ」の主題歌に起用されたこともあり、
急速に注目度をあげています。

そして実は彼ら、昨年のDESERT STAGEにも登場しているのです。

IKE
「本当にいい場所で、ムチャクチャ興奮したんですよ
お客さんの先に海が見えて、出したものがどこまででも広がっていく感じ。
忘れられない場所ですね」

とはいえ楽しい思い出ばかりでは無いようで......
今年はリベンジの気持ちが強いのだとか。

KENTA
「昨年、共演したアーティストさんをいろいろ見たんですが、
それを見て、俺たちはこんなんじゃ駄目だと本当にへこんで。
それからムチャクチャ練習したんですよ。
だからリベンジの気持ちが強いですね」

IKE
「僕も昨年は、後半息切れしてしまった感じがあって。
もっと体力付けないと、と反省した記憶があります」

昨年のリベンジに燃えるSPYAIR。
楽曲数も大幅に増えた今年は、一回り大きくなった姿を見せてくれるはず!

ラグーナビーチ出演アーティストを紹介。
今日はONE OK ROCKです!
ONE OK ROCK_110518.jpg

初めてバンド名を見た時、ワン・オーケー・ロックと呼んでしまいました......
正しくはワン・オク・ロックと呼びます。

彼らは、とにかくライブを重ねることで知名度をあげてきたバンドです。
まだ20代前半ながら、そのプレイアビリティは誰もが認めるところ。
昨年は初の日本武道館ライブを大成功に終えました。

音楽性も年を追う毎に進化を見せており、
ポップス、メロディックパンク的なアプローチだけでなく、
近年はメタルやハードコアの要素感じる楽曲も増えてきています。
10/5にはニューアルバム『残響リファレンス』のリリースも決定しているので、
この日のステージでは、さらに進化した音像を見せてくれそうです。
新曲披露に期待しましょう!

今日もラグーナビーチ出演アーティストを紹介。
[Champagne]です!

[Champagne]_110525new.jpg

TREASURE05X初出演アーティストが多い今年のラインナップですが、
彼らは昨年に続き2度目の登場となります。
しかも、昨年彼らがパフォーマンスしたのは、同じラグーナビーチ公演のDESERT STAGE。
ベストアクトにあげる人も多く、その後の躍進を期待させましたが、
それを上回る内容のアルバムをリリース、そして全国ツアーを今年は行いました。

そして昨年のパフォーマンスから一年。
TREASURE05Xには、早くもメインステージにステップアップしての登場となります。
一回り大きくなった彼らがどんなパフォーマンスを見せてくるのか。
注目です。

今年のDESERT STAGEにも、
来年はメインステージに登場するほどの成長を遂げるバンドがいるかも知れません。
そんな目でアーティストをチェックしてみるのも、面白いのではないでしょうか。

ちなみに[Champagne]の公式ウェブサイトでは、楽曲のPV視聴も可能です。
ぜひチェックしてみてください。

http://champagne.vc

今日もラグーナビーチ、出演アーティストを紹介。
SEKAI NO OWARIです!
SEKAI NO OWARI.jpg

昨年、突如シーンに登場した彼らは、
2010年代ならではのメッセージとポピュラリティあふれる楽曲で、注目を集めました。
その夏には、ap bank fesからROCK IN JAPAN FESTIVALまで、さまざまなフェスに出演。
強烈なインパクトを残し、続く秋のツアーは全公演でチケットがソールドアウト。
ファンや関係者を驚かせました。

ちなみに8/17にリリースしたトリプルリードシングル『INORI』では、
活動のフィールドをいよいよメジャーレーベルへと移しました。
まさにブレイク前夜!と言いたいところですが、
すでに11/22には日本武道館公演が決まっているとあり、
今まさにブレイクしている渦中にあるといえるバンドかも知れません。

"旬"という言葉がピッタリくるSEKAI NO OWARI。
最高のタイミングで見られるTREASURE05Xでもお見逃しなく。

今日はラグーナビーチに出演するアーティストから一組ご紹介。
本日紹介するのは......FACT!!!
FACT_110420.jpg

あまりメディア露出するタイプのバンドでは無いため、
もしかしたら初めてその名を聞く、当日初めて見るという人も多いかもしれません。
しかし!
海外でも音源リリース、ライブ活動を行うなど、
ワールドワイドな支持を獲得しつつある存在なのです。

その音楽性は、メロディックやメタルなどをベースにしながらも、
ダンスミュージックやエレクトロニカの要素も感じる、激しさと知性を持ち合わせたもの。
アグレッシブなライブパフォーマンスも広く知られており、
この日のアクトのなかでも、1、2を争う激しいステージを見せてくれるでしょう。

彼らのファンはもちろんですが、
その存在を知らなかった......というロックファンにこそ
ぜひ見てもらいたいバンドです!

こちらで視聴もできますよ。

http://www.myspace.com/factjapan

開催前日でテンション上がっていることもあり、今日はもうひとつ記事をアップ。

またまた独断と偏見でアーティストを紹介します。
今回は明後日14日、この日のトップバッターとしてell.FITS ALLに登場するスリーピースバンド、
Who the Bitchを紹介します。

Who the Bitch_110527.jpg

2005年に結成した彼女たちですが、今年6月、ついに初のフルアルバムをリリースしました。
これまではガレージやパンクといった、激しい一面を語られることが多かった彼女たち。
この作品ではヒダカトオル氏をプロデューサーに迎えた楽曲を収録していることもあり、
メロウな一面も披露。バンドの魅力を広げることに成功しています。

最近のライブパフォーマンスに関しては以下のようなコメントも。

ehi(Vo.G.)
「盛り上げるだけじゃなくて、訴えかけていくイメージをとり入れたいと思ってから、
ちょっとセットリストが変化したんですよね」

Nao★(Vo.B.)
「爆発的なところとメロウなところ。
両極端な部分がライブに収まって、今ちょうどいい感じかも知れないですね」

Who the Bitchの登場は8/14(日)16:45からell.FITS ALLにて!
ちなみに明日は、現地から記事をアップする予定です。

TREASRUE05Xの初日が、いよいよ明日に迫りました
今日は8/13(土)に登場するアーティストから、
おすすめのバンドを独断と偏見で紹介します。

紹介するのは、18:45からell.FITS ALL に登場するLyu:Lyu!

Lyulyu.jpg

2008年に結成した彼らは、エモーショナルな歌声とギターサウンドを武器に、
ライブハウスシーンでじわりじわりと話題になりつつあります。

純市(B.)
「ロックバンドなんですけど、ポップス意識が強いのかなと思いますね。
一番届けたいのは歌ですしね。
もちろんサウンドは大事だけど、歌を前に出すためにあるという意識は強いですね」

と語るように、メロディと日本語で描かれた世界にも強いこだわりを持っています。
ちなみに名古屋は彼らにとって、ちょっと特別な場所であるそう。

コヤマヒデカズ(Vo.G.)
「回数はけっこう来てますし、何より節目で来ることが多くて。
実は結成最初のライブは名古屋だったんですよ。東京のバンドなのに(笑)。
初ツアーの初日も名古屋だったし。縁がある気がします」

公式ホームページでは楽曲視聴も可能なので、ぜひチェックしてみましょう。

Lyu:Lyuの公式サイトはこちら→http://www.lyulyu.net/

いよいよタイムスケジュールが発表された、ELLでの2DAYS公演。
見どころは人それぞれですが、今日は王道に責めます。
8/13(土)のElectricLadyLandにトリとして出演する、FoZZtoneを紹介したいと思います。

FoZZtone_100929.jpg

FoZZtoneは2001年から活動を続ける3人組ロックバンド。
昨年9月にドラマーが脱退し、
以降は武並"J.J."俊明をサポートメンバーとして迎え活動を続けています。

クラシックなロックンロールをベースにしながらも、
新たな試みや変化を恐れないのが彼ら流。
昨年は購入者が曲順を選べる、オーダーメイドアルバムも話題になりました。
ちなみに最新アルバム『NEW WORLD』は2枚組で、
1枚目には彼らのメロディアスかつ、キャッチーな一面を収録。
しかし2枚目では組曲に挑戦と、驚きの2枚組アルバムとなっています。

8/13(土)公演ではトリをかざる彼らですが、ライブを前にコメントもいただいています。

菅野信昭
「同世代のjeeptaとか、一緒に対バンを回ったバンドも出てるので、絶対負けたくないですね」

渡會将士
「じょじょに変化しだしている時期なので、1番面白い時じゃないですか、俺ら」

竹尾典明
「それを30、40分とか、短い時間で表現できてる頃なんじゃないですかね。
30分やったら組曲『白鯨』をやって終わりかもしれんし、
見に来る人も楽しみにしてもらえたら嬉しいですね」

彼らは8/13(土)、21:15からElectricLadyLandのステージに登場します!

今年のTREASURE05Xのステージには、
日本が誇るヤンキー系ロックバンド、氣志團がいよいよ初登場する。

KISHIDAN_110518.jpg

実はこれまで何度かオファーしながらも、
スケジュールが合わずなかなか出演することができなかったという彼ら。
活動休止をはさみ再び精力的に活動中で、まさに満を持しての出演となりそうだ。

氣志團と言えばワンマンライブはもちろんのこと、
イベントやフェスの盛り上げに定評があるのは、ご存知のとおり。
しかも現在は、デビュー10周年を記念したド派手なツアーを敢行中。
その途中での登場となるTREASURE05Xのステージでも、
勢いそのまま、ド派手なパフォーマンスを繰り広げるはずだ。

まだタイムスケジュールは発表されていないものの、
間違いなくTREASURE05X大トリの最有力候補でしょう!

このページの上部へ

About

TREASURE 05X公式ファンサイトです。
iPhoneなどのスマートフォン向けサイトもあります。スマートフォンでこのページを開くか、URLの最後に i を付けていただけばOKです。


月別アーカイブ

  1. 2012年8月 [1]
  2. 2011年9月 [21]
  3. 2011年8月 [55]
  4. 2011年7月 [4]

最近のコメント

サイト内検索

Powered by Movable Type 5.04