LIVElog/@ぴあ | Go!!GO!GO!Go!! Tour Diary ~第14回~

Go!!GO!GO!Go!! Tour Diary ~第14回~

GO!GO!一行は広島の地へ。

熱く燃え上がった広島レポートが到着!

***************************************

■7/23(金)広島CLUB QUATTRO

22日広島到着後、
メンバー・ツアースタッフとアメリカンなお店で食事。

100725_gogo7188_01.jpg



Go!!GO!GO!G0!!Tour in広島のレポを書かせて頂く事になりました、
自称「ゆうちゃんになれなかった、もう一人のゆうちゃん」こと、タワーレコード広島店の加納と申します!

デビューから10年ずっと聴かせて頂いています。
北海道の田舎町育ちの私。初めて自分で稼いだお金でLIVEに行った若かりし10代を経て、
大人になった私は念願のミュージックショップに勤務し、
いつの間にか故郷・北海道を離れ・・・仕事でLIVEに行かせて頂くようにもなり、
10周年を迎えたGO!GO!7188のLIVEを「お客さん目線で本気で楽しみたい!!」と思い、
月給を握り締め某コンビニに行きました。それからチケットを温める事一ヶ月。
LIVE前日あまりに眠れなくて3人の似顔絵を書いてみたり、ひとりおうちでGO!GO!聴いて踊ってみたり・・・
とにかく「どうしようもない」気持ちでLIVE当日を迎えました。

仕事を終え、広島クラブクアトロへGO!!GO!GO!GO!!

100725_gogo7188_02.jpg

100725_gogo7188_03.jpg

あああああ始まる。
ソワソワが感じられる会場。他県から移住した私は知っている!
広島県民はとってもSHYということを!!!

「Go!!GO!GO!Go!!」コールが会場に響き渡りGO!GO!が登場した!
歓喜と共に会場内オイオイコール。私は知っている!
女子だって野太い声が出せるということを!!

アンプから爆音が響き始めた!!SHYな会場が一斉に蠢き始める「エオエオエ」

100725_gogo7188_04.jpg

-出発の時間だ!!!-

GO!GO!の「力」が渦巻きだした瞬間だった。
軽快なアッコゆうちゃんの掛け合いに混ざるオーディエンスの声。
この一体感は本当に!最高に!気持ちよい瞬間です。

■3人の今の躍動感が実に表現された「まやかしの世界」!!
-僕はどこにいても僕だ 今もこの体引きずって生きているのさ-

■ヘビーなギターに思わず血が騒ぐ「シュガー&スパイス 」
-生きていくって結構辛口スパイス効いてる-

「とかげ3号」に登場した期待の「耳たぶ2号」
-いかすぜ福耳-笑

アッコのアッコにしかかけない絶妙な「言葉」
それが会場を満たす。
サビは思わず大合唱。
おなじみの「ロック」でテンションはあがりっ放し。
魔法の音楽のスパイスが私達を躍らせる。

怒涛の前半戦が大変なことになっていく。

100725_gogo7188_05.jpg

残念な女子シリーズは不思議なほど男子が盛り上がる。
「くつしたの穴」「on the まゆ毛」「あしのけ」
女子はぶりっ子厳禁!
どんとこい!
女子をぶっさいくに誘うGO!GO!でしか味わえない乙女心。
完全に鉄板と化したゾーンにみんなひっちゃかめっちゃかでした!!!!

100725_gogo7188_06.jpg

中盤は完全に圧巻ゾーンです。
ファンの中で何度も伝説化したあの「バラード」がやっと、やっと広島の会場に届けられた。
コードをなぞるだけで涙腺に確実に届く名曲。
ゆうちゃんの眉間がこわばる。
とても切なくて儚くて強い歌をかみ締めさせられた時間だった。

100725_gogo7188_07.jpg

いざ後半戦!!
■働かな過ぎ!つっこみ所満載のターキーリードボーカル曲「365連休ブギ」
-俺は365連休 好きなことをやるってことはそういうことさ-

100725_gogo7188_08.jpg

■ターキーの猛打撃!?から始まる「リフレイン リフレイン」
-流行の服着て街に紛れ込んでも 自分はごまかせないんだね-

後半はぶっとばし「文具」「ええじゃないか」「アンテナ」・・・新旧おり混ぜて踊らされます。

古くに作られたという「Nothing2」がLIVEのエンディングを知らせる。
-消えて 消えて
 家族も友達も愛する人もいなくなって 写真も思い出も約束さえもなくなって・・・・
 それでも日は沈み やがて朝はくるだろう
 明日は迷うことなく訪れて そのとき私は何を考えているだろう・・・-

100725_gogo7188_09.jpg

100725_gogo7188_10.jpg

不器用な歌詞がまっすぐ届く。
難しい言葉なんて要らない。
私は勝手に感情移入が得意な人間です。
大げさでもなんでもいい。
勝手に鹿児島の星空が浮かぶのだった。
アッコが生まれ育った故郷のあの「最後に見た星空」が。

しっかりとかみ締めた時間を経て
お決まりの「ぶさいくコール」

突然ですが  

皆さん、「変化すること」はお好きですか?
私は今回実は・・・
初めての「アンコールやり直し」を目のあたりにしたのです!!
これは本日7・23事件であり、すごく良い意味での「変化」であり、私達の気持ちをひとつにするものでした。
毎度の「ブサイクコール」でのアンコール。
ぶっさいく!ぶっさいく!
アッコ登場!!
「今回のツアータイトルは!!??????」
と言って去っていってしまった!!!!!!!!!
「ぶさいくコール」がGO!GO!を呼べなかったのです!!
とたんに会場内は「Go!!GO!GO!Go!!」コール。それはオープニングと一緒のもの。

そう。LIVEが1周した瞬間だった。思わずニヤリ。
GO!GO!の決意表明であり、きっと今回のツアーでの大きな収穫となるこの行為に笑みがこぼれた。
そう。迷わない!!!!!
GO!GO!そのものがアッコによって示された。

アンコールは
チャイニーズ風味のギターがかっこいい「今日の歌」
思わず「赤」の世界へ連れて行かれる懐かしの「ナイフ」
そしてラスト「浮舟」は圧巻だった。

終演後も「もっともっと」の「Go!!GO!GO!Go!!」コール。
このとき、みんな笑顔だったことはきっとGO!GO!は知らないでしょう?
私達リスナーの「答え」の時間でした。

100725_gogo7188_11.jpg

100725_gogo7188_12.jpg

あっという間の2時間。SHYで有名な広島県民はどこへやら。笑

帰宅後、時間なんぞ気にぜず買ってきたスーパーカップをほお張る。
足の毛そってるし、前髪も切りすぎてはないぞ!靴下も今日のために新調した!
深夜のお菓子のことは残念な女子の歌にないから、いいよね♪
そんな気持ちでニヤニヤしながら今に至る。
「お客さん目線で本気で楽しみたい!!」と思った今回のLIVE。
この感覚こそ、絶対に仕事に反映してやる!!と強く思ってみる。

こうやって「今日」は「日常」に解けていく。

でも私の中で「僕はどこにいても僕だ」って頭の中で鳴り続けるんです。この強いフレーズがリフレインし続けるのです。

GO!GO!7188のLIVEは人間の感情そのものです。難しい言葉など要りません。
喜怒哀楽という大切な感情をぶっぱなしにいってください。

間違いなくかっけーーーーバンドです。

長文になってしまいましたが、現実という「まやかしの世界」に戻った今、この世界が誇らしく感じられるのでした。
素敵な時間をありがとう。
GO!GO7188 大好きです。ありがとうございました!


Text:加納ゆかり
Photo:米田晋治




>>GO!GO!7188の公式サイトへ

>>GO!GO!7188のチケット購入はこちらから

>>GO!GO!7188のヘンテナグルメツアーはこちらから

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

広島レポートありがとうございます。
たくさんの写真と詳しいレポートで楽しさ&感動がよみがえってきました。
Nothing2が好きで生で聴くことができて、鳥肌が立ち、涙が出ました。
まだまだ余韻に浸っている私ですが、10年前にGO!GO!7188の音楽と出会えたおかげで、
この素敵な時間を過ごすことができました。
これからもついて行きます。
ありがとうございました。

知        2010年7月26日 13:25

すばらしいレポート!ありがとうございます‼

アス        2010年7月31日 06:54

ホントすばらしいレポですね。
伝わってきます。
心打たれましたよ。

キュッキュキュー        2010年8月 4日 23:15

レポまた読み返してしまった 
明日もがんばれる。  

キュッキュキュー        2010年8月 8日 01:51