LIVElog/@ぴあ | Go!!GO!GO!Go!! Tour Diary ~第4回~

Go!!GO!GO!Go!! Tour Diary ~第4回~

早くも6公演を終えた「Go!!GO!GO!Go!! Tour」

今回も、水戸LIGHT HOUSEでのメンバーの様子に加え、
アツいレポートが到着しています!!

****************************************

■6/15 水戸LIGHT HOUSE

Go!!GO!GO!Go!! Tour 6本目。
久しぶりにやってきた水戸LIGHT HOUSE
梅雨入りしたばっかりなのに、既に夏の様な暑さでした。

100618-gogo7188-01.jpg

リハーサル前のひととき



100618-gogo7188-02.jpg


さすが、水戸っぽい差し入れあれこれとちょっと変なひと
(こちらは楽器テックさんでギターが写ってないんでわかりにくいですが、実はギターの弦を張っているところです)



■6/15 水戸LIGHT HOUSE

6/15(火) GO!GO!7188『Go!!GO!GO!Go!! Tour』 6本目 水戸LIGHT HOUSE
『ハハぁ~m(. .)m』
この旅(度)、水戸の御老侯様より、ライブレポの大役を仰せつかりました!!
バイト歴9年・ジャンクフード大好き・FLIP SIDE所属、コンサートサポートスタッフの椎名です!!
自分、『シ~ナマン』なんて呼ばれてますが何か?!
そんなシ~ナマンが本日の爆裂ライブをバシッと振り返らせて頂きます!!!!!!!!!!!
そして、全国1億6000万人のクレイジィーロッケンロールピーポーのみなさぁ~ん。
水戸ロッカーズのクレイジーぶりをタァ~ンとお召し上がれ~。
19時02分。ほぼ定刻通りにライブスタート!
照明が落ちるとともに、水戸ロッカーズのみなさんは、
奇声を発し・拳を掲げ・我先にとステージへ押し寄せる(この光景まさにクレイジー!)。
無数の声援とサーチライトが怪しく光る中、メンバーさん登場!
そして、一瞬にして会場内には、GO!GO!7188さんの奏でる爆裂サウンドと激しいビートが吹き荒れる!!!
レコ初ツアーというだけあり、Newアルバム中心の選曲順だが、お客さんの反応は終始、↑に↓にジャンプx2、←に→にダンスx2と全身で楽曲の心地良さを表現している。ノリノリだぁ~!!!!


100618-gogo7188-03.jpg


途中、MCで『今日はじめてGO!GO!のライブを見た人???』と尋ねた時は、6割位のお客さんが手を挙げていたが、全く感じさせない。(すごいぞ、水戸ロッカーズ!)
いやいや、それだけ聴きこんでこの日を待ち望んでいたということですよね。(えらいぞ、水戸ロッカーズ!)
と、前半戦からずっと攻撃モードで会場内を充分過ぎる位に揺さぶった所で、ちょいとブレイク? しっとりとGO!GO!さんの【静】の一面で中盤戦に…。
ハイトーンボイスでの哀愁漂う楽曲は、水戸ロッカーズのハートをキュンとさせたか? 拍手で応える。(エモいぞ、水戸ロッカーズ!)
そして、会場内の空気を一瞬にして凍らせた…いやいや和ませたカミングアウトMCを交えて後半戦に突入。
まさに『Go!!GO!GO!Go!! Tour』ツアータイトル通りにアクセル全開・フルスロットルで猛攻撃開始!!!
アッコさんの力強いベースライン、ユウさんのエッジの立ったギター、シンプルながらもバックビートが感じられるターキーさんのグルーヴィーなドラムサウンドが、水戸ロッカーズの残された気力・体力を一気に爆発させる!!


100618-gogo7188-04.jpg

100618-gogo7188-05.jpg


無数の拳、大合唱、モッシュにポゴダンスと、会場内は揺れる!揺れる!!(マグニチュード6.9)
完全に水戸LIGHT HOUSEはGO!GO!さんと水戸ロッカーズのものに!!!
ロッケンロールの嵐が巻き起こったとでも表現すべきでしょうか? いや、過言ではなかったです!!!!!!!!!!!!!!
と・・・そんなこんなで、あっという間の1時間45分。
起承転結がはっきりとした爆裂ライブでした!!
そして、GO!GO!さんが今まで10年間ずっとやり続けてきたキャリアの深さと重みを感じさせる最高のライブでした!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
自分、個人的に【良いライブ】って、そのアーティストさんの事や楽曲をあまり知らない人が、いきなりライブを観た時に、何か楽しんでもらえる・満足してもらえるライブが当てはまると思っているわけです。


100618-gogo7188-06.jpg

100618-gogo7188-07.jpg


今日は、ライブ初参戦の方が多かったようですが、水戸ロッカーズのライブの盛り上がりや、
帰り際の満足そうな顔を見て、最高のライブだったと確信出来ましたよ!!
最後に、今回のアルバムジャケットに似たロゴマークの某大御所ロックバンドのギタリストが
『ロックするのは簡単だけど、ロールするのは難しい』なんていう言葉を残しているように、一つの事をずっとやり続けるって本当に大変な事なんだと思います。
それでも、GO!GO!さんは10年間ずっとやり続けたきたこと、すごいです!!!!!!!
是非、これからも『ROLL』して欲しいです。いや、『Go!!GO!GO!Go!!』と突き進んで下さい。楽しみにしております。

KEEP ON ROCK’IN!!


Text:椎名正樹
Photo:米田晋治




>>GO!GO!7188の公式サイトへ

>>GO!GO!7188のチケット購入はこちらから

>>GO!GO!7188のヘンテナグルメツアーはこちらから

トラックバック

トラックバックURL: