LIVElog/@ぴあ | ジュノ @東京・JCB HALL

ジュノ @東京・JCB HALL

ジュノ、弟ジュンスにはない魅力は“二重まぶた”

ジュノ
(C)スカパー!/ぴあ

東方神起ジュンスの双子の兄・ジュノ4月18日、東京・JCB HALL日本デビューイベント『ジュノ JAPAN 1st SHOWCASE』を行い、昼公演終了後、記者会見に登壇した。

すでに中国でのショーケースを大成功に収めたジュノ。日本でも本公演、追加公演共にチケットが即日完売したことについて、「こんなに多くの方が来てくれるとは思っていませんでした。ありがたいです。そして……、弟にも本当に感謝しています。これからも、もっと努力して色んな姿をファンの方にお見せしたいです」と謙虚な姿を見せた。また自身を照れ屋で恥ずかしがり屋と語り、「昨日の夜は緊張して、よく眠ることができませんでした」と告白。そんな兄に歌手の先輩ジュンスからは、「“楽しむことが大切だよ”と言ってくれました。弟はいつもたくさんのアドバイスをくれます。夜の公演で一緒に舞台に立てるのは僕にとって幸せなことですし、弟がいてくれることで自信がもてる気がします」と美しい兄弟愛も垣間見せた。しかし、取材陣から、「ジュンスさんにはないご自身の魅力は?」と聞かれると、「“二重まぶた”だと思います(笑)。……自分で言うのも恥ずかしいですが、笑った顔というのはジュンスよりも魅力的な部分ではないかと思います」と発言し、会場を沸かせた。

 また、東方神起の活動が休止になったジュンスに関する多くの質問にも、「弟はいつも頑張っているので僕は全く心配していません。いつも応援することが彼にしてあげられることだと思います」と語り、ジュンスのソロ活動や3人ユニットの結成に関しても、「弟は“ソロ活動をやりたい”と言っていたので自分としては応援してあげたい。また3人のユニットについては自分が何かを言う立場ではないと思います」と冷静にコメント。“兄弟ユニット”の可能性も、「弟は本当に有名な歌手で、自分は今スタートしたばかりの新人です。僕が成長して上手になった時に一緒にできたらいいなと思いますが、今は大きな夢ですね」と語り、様々なプレッシャーに打ち勝つ努力を怠らず、これからも一歩一歩進んでいきたいと誓った。

夜の公演ではジュンスが応援に駆けつけ歌を披露し、兄弟トークも繰り広げた。ジュノはオリジナルの歌のほかに日本語でのカバーや、パワフルなダンスを見せて客席を圧倒した。イベントの模様のほか、ジュノのデビュー映像『「ジュノ First Impact」~独占密着!初来日スペシャル』は、5月29日(土)ほか、スカパーHDチャンネル190、スカパーチャンネル180、スカパーe2にて放送される。

取材・文:木村友美

>>@韓流ぴあへ

トラックバック

トラックバックURL: