LIVElog/@ぴあ | mob LIVE vol.1-ポトフ- @原宿VACANT

mob LIVE vol.1-ポトフ- @原宿VACANT

スペースシャワーTVが運営する音楽SNS「mob」が主催するライブイベント「mob LIVE vol.1-ポトフ-」が、3月2日に東京・原宿VACANTで開催。sleepy.ac、UNCHAIN、TAXMAN(THE BAWDIES)×ウリョン(cutman-booche)の3組に加え、オープニングアクトとしてNAOITOが出演し、木造りのアットホームな空間を舞台にアコースティックスタイルでの競演を繰り広げた。

100304_mob-LIVE.jpg

会場のドアを開けると、まずはNAOITOの歌声がお出迎え。ザラリとしたギターの音色に乗るブルージーな声が、オーディエンスを音楽の旅へと誘っていく。ぬくもりのある音で場内が満たされたところで、ステージのある2階に場所を移してライブ本編がスタートした。

100304_NAOITO.jpg


トップバッターを務めたのは、「SPACE SHOWER MUSIC UPDATE」から誕生したユニットTAXMAN(THE BAWDIES)×ウリョン(cutman-booche)。すっかり旧知の仲といった雰囲気の2人は、和やかなトークを挟みつつ4曲のカバーを演奏。中でもRCサクセション「スローバラード」は、ウリョンの情感豊かな歌声とTAXMANの爪弾くやさしいギターが重なり、味わい深いサウンドスケープを作り出した。

100304_CUTMAN%C3%97TAXMAN.jpg


続いての登場はUNCHAIN。この日は会場の空気も手伝って、谷川正憲(Vo,G)「普段はロックバンドなんでギャンギャンやってるんですが、今日はそのへんとのギャップを楽しんでください」と語ったとおり始終リラックスした雰囲気に。「Precious」から幕を開けたライブは、ファンキーなアレンジを施した「Gravity」、グルーヴ感あふれる「Tonight's The Night」などが披露され、ラストはしっとりとした「Scene with you」で締めくくられた。

100304_UNCHAIN.jpg


そして最後に登場したのは、sleepy.abのアコースティック版のsleepy.ac。1曲目の「メロディ」が丁寧に奏でられると、オーディエンスは息づかいまで聴こえるようなやわらかな歌声に聴き入った。sleepy.acの世界にすっかり会場が染められたところで、「ドレミ」「さかなになって」などアコースティックアレンジの映える楽曲が次々と披露される。アンコールではマトリョーシカ型のテルミン、マトリョミンを使って「palette」が演奏され、色彩豊かな音色がフロアに広がった。

100304_sleepy-ac.jpg


ライブ後は出演者のサイン入りグッズがオーディエンスに抽選でプレゼントされ、あたたかな雰囲気に包まれて第1回目の「mob LIVE」は終幕した。なおライブの模様は、3月24日(水)24:30よりスペースシャワーTVで放送されることが決定。各アーティストによる贅沢なアコースティックパフォーマンスをお観逃しなく。

SET★LIST
NAOITO
M1 HAZE BLUE
M2 あらんらん
M3 ミコラソン
M4 ZIMBOO ZIN
M5 NAO-PATH

TAXMAN(THE BAWDIES)×ウリョン(cutman-booche)
M1 She's A Woman
M2 スローバラード
M3 Stand by me
M4 明日があるさ

UNCHAIN
M1 Precious
M2 The World Is Yours
M3 Gravity
M4 Higher
M5 Tonight's The Night
M6 Scene with you

sleepy.ac
M1 メロディ
M2 ドレミ
M3 さかなになって
M4 メロウ
M5 メリーゴーランド
EN palette


>>スペースシャワーTVのライブチケットはこちらから

トラックバック

トラックバックURL: