LIVElog/@ぴあ | シカゴ @東京国際フォーラムホールA

シカゴ @東京国際フォーラムホールA

シカゴ、5年ぶりの来日ライブ。

『素直になれなくて』など名曲を次々と披露

100223_%E3%82%B7%E3%82%AB%E3%82%B4.jpg

昨年40周年を迎えたアメリカの大御所バンド、シカゴが、2月19日東京国際フォーラムホールAにて5年ぶりとなる単独来日公演を行った。

会場を響き渡る大歓声に迎えられ、シカゴのメンバーが笑顔でステージに登場。ボーカル&キーボード、ロバート・ラムの日本語による「行きましょう!」の掛け声でライブがスタートした。

今回の来日ツアーは9人編成。ステージ上でポジションを変えながら、次々と懐かしいナンバーを披露していく。40年という長い年月を微塵も感じさせない圧巻の演奏と表現力。熱のこもったプレイに、1曲ごとに大歓声と拍手が沸き起こった。

ライブ後半には、代表曲『素直になれなくて』をボーカル&ベースのジェイソン・シェフが熱唱し、透明感のある美声を披露。さらに、『サタデイ・イン・ザ・パーク』『長い夜』などを演奏し、約2時間のステージは大盛況のうちに幕を閉じた。

トラックバック

トラックバックURL: