LIVElog/@ぴあ | aiko @NHKホール

aiko @NHKホール

新曲が連日デイリーチャート1位のaiko

4か月に渡るホールツアー千秋楽に密着!

4月からのツアーも発表!

100208_aiko_01.jpg

2月3日に日本テレビ系水曜ドラマ『曲げられない女』の主題歌となっている約1年ぶりのニューシングル『戻れない明日』を発売したばかりのaiko。同日発売の強豪を押さえて、連日オリコンデイリーチャート1位と絶好調!

そんな中、昨年10月からスタートしたライブツアー『Love Like Pop vol.12』が2月4日(木)、5日(金)のNHKホールにて全25公演の千秋楽を無事迎えた。2月5日(金)は最終日ということもあって、会場にはいつも以上の緊張感が漂う中、ライブがスタート。

グレーの古着のTシャツにショートパンツと、aikoらしいカジュアルでキュートなファッションで登場。序盤からヒット曲の『桜の時』『ボーイフレンド』で会場を盛り上げる。続いて現在放送中のNHK連続テレビ小説『ウェルかめ』の主題歌『あの子の夢』、そして日本テレビ系水曜ドラマ『曲げられない女』の主題歌『戻れない明日』の2曲連続で新曲を披露! どれだけ大切な人でも100%同じ気持ちを共有することはできない、だからからこそ、明日何かがあっても後悔しないように、今この人のためにできることを全部しようと覚悟を決めて進む明日を描いたニューシングル『戻れない明日』。感情を込めて歌うaiko、そして全身でそれを受け止めようとするオーディエンスが一体となり会場のボルテージはどんどん上がっていった。

100208_aiko_02.jpg

そして、この日のライブで更なる盛り上がりを見せたのが中盤にある、aikoのピアノ演奏による、おなじみの弾き語りのコーナー。aikoは客席から、その場で思い付いた、いくつかの単語をお題として出してもらい、その単語を歌詞に織り交ぜて、即興で曲を作って披露した。この日のお題は“豆腐”“就活”“壊れた電子レンジ”など。今話題のあの人や雑誌の名前まで様々。そんな、むちゃぶりにも近い言葉たちを集めて、即興で弾き語り。ところが、aikoの魔法にかかると瞬時に笑いあり、涙ありの名曲が誕生。アーティストaikoの計り知れない才能を垣間見た瞬間だった。

さっきまでコミカルな即興を披露していたかと思いきや、そのまま続けて弾き語りで『テレビゲーム』『ふれていたい』の2曲のバラードを披露。美しい照明の中、ピアノ一本で歌い上げるaikoの姿に会場ではすすり泣く声も聞こえてきていました。弾き語りを終えて、深々とお辞儀をし、一度ステージを去るaiko。ドラムとブラスの軽快演奏が始まり再び登場したaikoは、先程までのボーイッシュなイメージとは打って変わって、白地に大きなピンクの水玉模様と、沢山のフリルが印象的なドレス姿に身を包んだ。そして『キラキラ』『アンドロメダ』『アスパラ』等10曲を贅沢にアレンジしたメドレーを披露。ロックなアレンジやジャジーなアレンジで次々と曲が変わっていく。続くMCでは「ライブの恥はかきすて! さぁ、レッツジョイナス!」と始まった恒例のコール&レスポンス! 「男子! 女子! 人妻! 旦那! バンド! PA席! 警備のお兄さん!」とaikoが叫び、みんながそれぞれに手を挙げて応える。ちょっとタイミングが遅れた警備のお兄さんにはすかさずaikoの突っ込みが! ファンだけではなく、スタッフも一緒になって手を挙げ、声を出し、一体感がさらに増していった。

そしていよいよライブも終盤に。『Power of Love』『be master of life』で、会場の興奮は最高潮に達したところで、aikoから、「次でラストの曲になります」の淋しい一言。「だけど、みんな知ってるでしょ? すぐに、2分くらいで帰ってくるから(笑)! でもだからと言って、静かに待ってないで! 頼むで!!」と言い残し、会場を笑いと安心の空気で包み込んだところで最後の曲『天の川』をしっとりと歌い上げ、本編が終了。この時点で既に2時間半が経過した。

鳴り止まない拍手と声援の中、ツアーTシャツとデニムに着替えたaikoとバンドメンバー達がアンコールで再び登場し『キスする前に』を披露。続けて「また会える日まで、絶対に元気でいてください。辛いことがあったら、今日のことを思い出して、また笑ってください」とのメッセージとともに『シアワセ』を披露。アンコール2曲を終え、大きな声援と拍手に包まれて、いよいよこれで25公演全ての公演が終了したと思ったら、さすがは最終日。今回のツアーではこの日だけの嬉しいサプライズが! 名残惜しくていつまでも会場から席を立たないお客さんの声に応えて、ダブルアンコールで再びaikoが登場し、『彼の落書き』を特別に披露した。

100208_aiko_03.jpg

そして「ありがとうー! またねー!」とaikoがステージを去り、今度こそ本当に終わってしまった、と誰もが思っているところに突然物々しい効果音が! するとスクリーンには“She is Back!”の文字!!! 会場がざわめく中、なんと『Love Like Pop vol.13』が4月からスタートすることがサプライズで発表された。会場は悲鳴にも似た叫び声に包まれ、喜びのあまり涙しているファンの姿も。

4か月にも及ぶ長いツアーを終えたと同時にまた次のライブの発表と、会場も喜びの歓喜に包まれた。そんなハッピーなサプライズでツアーを終えるのは、何よりファンとの交流の場をとても大切にしているaikoらしい演出。そんなところが12年間ファンに愛され続ける理由なのだろう。aikoとファンの愛がたくさん詰まった3時間超えの超濃縮ライブ! 4月からの新しいツアーが今から待ち遠しい!

SET★LIST
1 飛行機
2 桜の時
3 ボーイフレンド
4 あの子の夢
5 戻れない明日
6 かばん
7 17の月
8 より道
9 歌姫
10 テレビゲーム
11 ふれていたい
12 白い服黒い服~アスパラ~ココア~キラキラ~恋ひ明かす~キスでおこして~小鳥公園~木星~アンドロメダ~猫
13 milk
14 Power of Love
15 be master of life
16 天の川
EN1 キスする前に
EN2 シアワセ
EN3 彼の落書き


>>aikoのチケット情報はこちらから

トラックバック

トラックバックURL: