LIVElog/@ぴあ | オリアンティ @お台場ビーナスフォート

オリアンティ @お台場ビーナスフォート

マイケルが最後に認めた女性ギタリスト、オリアンティ来日!

100128_%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3.jpg

DVD、Blu-rayを合わせた売上がデイリーで16億円を突破し、空前の大ヒットとなった『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』。本作の発売を記念したイベントが1月27日に東京・お台場ビーナスフォートで行われ、女性ギタリストのオリアンティがゲストとして駆けつけた。

オリアンティは、映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』でマイケルの次にフィーチャーされていたとも言える女性ギタリスト。2009年グラミー賞授賞式でのキャリー・アンダーウッドとの共演をきっかけにマイケル・ジャクソンが彼女に連絡を取り、ロンドンのO2アリーナで予定されていたコンサート『THIS IS IT』でリード・ギターを務めることになっていた。“マイケルが最後に認めた女性ギタリスト”である彼女が来日するということで、平日の昼間にも関わらず会場には熱狂的なファンが集結した。

未だ深い痛みを残している様子の彼女に心配する声も聞かれたが、オリアンティは、劇中でも共演曲として演奏したマイケルの名曲『Black or White』に乗せて、マイケルのツアーのために特注した“MJ”と銘打たれたギターを弾きながら元気に登場した。会場からは割れんばかりの歓声が沸き起こった。

「マイケルから学んだことは、全力で過ごすこと、楽しむこと。一緒にツアーリハを回った3か月で確実にステップアップしたわ」とオリアンティ。「ここのソロ・パートはキミが主役になる瞬間だ。もっと高く! もっと!」と映画の中でギターの高音をマイケルに要求されるシーンについては、「ここはとてもよく覚えている。マイケルの声は高いので、より高く弾くためにやや苦戦したの」とコメントした。

オリアンティはこの日、日本デビュー・アルバムとなる『ビリーヴ』をリリース。全13曲収録。

トラックバック

トラックバックURL: