LIVElog/@ぴあ | The Birthday @Zepp Tokyo

The Birthday @Zepp Tokyo

『愛でぬりつぶせ』のリリースを皮切りに行われた
「The Birthday PAINT IT LOVE TOUR '09」
新曲が多数届けられた本ツアー、ファイナル11月27日・Zepp Tokyoの模様をレポート!
そして、新ツアーも決定しました!

100113_TheBirthday_01.jpg

2009年は、ツアーにフェス&イベントと、精力的なライブ活動を展開してきたThe Birthday
昨年10月からは怒濤のシングル・リリース・ラッシュを迎えているが、
そんな最中に行われた「The Birthday TOUR “愛でぬりつぶせ”'09」

ライブではお馴染み『Sixteen Candles』のSEとともにステージに4人が登場するなり、
チバが「ハロォーーー!」とシャウトを飛ばした。
何だかこっちまで気合いが入る。

チバに渇を入れてもらったところでスタートしたこの日の1曲目は『愛でぬりつぶせ』
<なぁ パンクス グチってばっかいねぇで 愛で 愛でぬりつぶせ>と歌われるこのナンバー。
キャッチーながらも強いフレーズに、何度聴いても胸をグワッと掴まれ、その後の
<お前を あの娘を この星を 愛でぬりつぶせ>という絶妙な遠近法(?)が施された言葉に、
高揚せずにはいられない。
この曲、聴けば聴くほどガツンとくる。

続く『カレンダーガール』で早くも会場をダンスフロアと化し、
『マスカレード』『ガーベラの足音』でぶっといグルーヴを叩き出す。
このツアー初日(横浜ベイホール公演)も観たのだが、その時よりもさらにサウンドが重く厚くなっている。
とことんソリッドでありながらゴリゴリと攻め立てるような鉄壁のバンド・アンサンブルに圧倒させられていると、
チバがこう言い放った--「We Are The Birthday」
そう、これが今のThe Birthdayだ!

そして1月にリリースされた『ディグゼロ』へ。
クハラによる空気を切り裂くような冒頭のイカヅチカウントが、
どんな説明よりもこの新曲を紹介するのに十分なように感じた。
言葉数の多いリリック、途中に挟まれるダブ的リズム・・・いくつかの特徴を併せ持ちながらも、
すべてがアタマのカウントでまとめあげられているかのよう。

凛とした静けさから増えていく音数、冬から春へと色づく世界が秀逸な『ピアノ』
<ひかりはいつも優しくて だから俺は辛くって>というフレーズに心奪われる『ひかり』など
続々と披露される新曲群にオーディエンスも釘づけになる。
『Sheryl』が放つ高い純度を保った音世界が空間いっぱいに共鳴する瞬間には身震いした。
しかし、このドラマティック3連発の余韻に浸る暇などない。
今度は『タランチュラ』『モンキーによろしく』など、縦横無尽に駆け巡る4人の緩急の効いたグルーヴに
全身の神経が支配され、抗えない。フロアも揺れに揺れる。
チバのゴキゲンなハミングで始まった『涙がこぼれそう』
今夏から何度か耳にしている眩いナンバー『SUPER SUNSHINE』がプレイされ、本編は終了。
どんなに充実したステージだったかは、客席に向かってダイブしたクハラの姿にも表れていた。

割れんばかりの声援に応え、4人が再びステージへ。
「クォーターパウンダーの新種(?)が出たらしいね」というチバのMCに導かれて
インスト『HUM69』『45CLUB』を。
2度目のアンコールではさらに新曲『マディ・キャット・ブルース』をプレイ。
落ち着いたリズムにのるうたに聴き入ってしまうキャッチーなナンバーだ。
これは、タワーレコード30周年の限定シングルとしてリリースされたばかり。
そしてテンション上がりまくりのロックンロール・ナンバー『ローリン』で大団円と思いきや、
まさかのトリプル・アンコール!
ライブ映像の撮影として、この日2度目の演奏となった『ディグゼロ』『アリシア』で、
全24曲にわたるファイナルは幕を閉じた。
しかし、ひとステージ終えた後のライブ映像撮影とは、サウンド同様このタフさ、脱帽である。

それにしてもこのツアー、まるで“新曲お披露目会”ツアーのようだったが、
披露された新曲群の1曲1曲の素晴らしさといったら!
以前よりも、伝わってくる“うた”を、きっと多くの人が感じたはずだ。
重量級のサウンドとグルーヴはより強度を増したにもかかわらず、
その中を真っ直ぐに聴き手に向かって飛び込んでくる“うた”。
今のThe Birthdayが最強だと感じるのは、そこにこそあるのかもしれない。
まさに、彼らが奏でる音楽によって、愛で夢で希望で光で、塗りつぶされたような一夜だった。

100113_TheBirthday_02.jpg


Photo●TSUKASA MIYOSHI
Text●秋元美乃

<セットリスト>
01.愛でぬりつぶせ
02.カレンダーガール
03.マスカレード
04.ガーベラの足音
05.ディグゼロ
06.BABY TONIGHT
07.FUGITIVE
08.ピアノ
09.ひかり
10.Sheryl
11.タランチュラ
12.モンキーによろしく
13.STRIPPER
14.LUCCA
15.あの娘のスーツケース
16.いとしのヤンキーガール
17.涙がこぼれそう
18.SUPER SUNSHINE

EN
01.HUM69
02.45CLUB
03.マディ・キャット・ブルース
04.Rollin
-----------------
05.ディグゼロ
06.アリシア


>>The Birthdayの公式サイトへ

>>The Birthdayのチケット購入はこちらから

トラックバック

トラックバックURL: