LIVElog/@ぴあ | アンティック-珈琲店- @日本武道館

アンティック-珈琲店- @日本武道館

アンカフェ、涙の活動休止ライブ。

再会は数年後の夏!

100107_%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF-%E7%8F%88%E7%90%B2%E5%BA%97-_01.jpg

原宿系ダンスロックバンド、アンティック-珈琲店-が1月4日に日本武道館で活動休止ライブを行い、会場には8500人のファンが詰め掛けた。

アンティック-珈琲店-は、みく(vo)、takuya(g)、カノン(b)、ゆうき(key)、輝喜(ds)の5人組。2003年5月に結成し、昨年夏に活動休止を発表した。この初の武道館単独ライブにて活動休止期間に入る。

ライブは、オリコンチャート13位を記録したシングル『覚醒ヒロイズム~THE HERO WITHOUT A “NAME”~』で幕を開けた。みくは、「頑張ればたどりつける場所があると教えてくれたのは君たちです」と初の武道館ライブの感想を話すと、1stシングル『キャンデーホリック』を始め、『テケスタ光線 ~暗闇を照らす光は、宝石のように~』『Cherry 咲く勇気!! 』などシングル曲を次々と披露した。

100107_%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF-%E7%8F%88%E7%90%B2%E5%BA%97-_02.jpg

ライブ中盤、「アンカフェを振り返るなら踊っていこうと思います」とカノンが言うと、ダンスチューンをメドレーで演奏。観客はゆうきの振付にあわせて体を動かし、武道館が揺れるほどジャンプした。アンコールでは、「君たちに贈る活動休止前の最後のメッセージ」という『YOU』を演奏すると、会場のあちこちからすすり泣く声が聞こえ始めた。「次の曲でみんなとしばらくお別れです」とみくが話し、『スマイル一番イイ♀』を披露。「ありがとう」と何度も繰り返し、ファンへ手を振り続けた。

100107_%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF-%E7%8F%88%E7%90%B2%E5%BA%97-_03.jpg

終演後、ステージの大型ビジョンには『NEXT LIVE』の文字が浮かび上がった。続いて、『20XX SUMMER DIVE』と映し出されると、大歓声が会場を包み込んだ。数年後の夏、再びライブを行うことをファンに約束し幕を閉じた。

トラックバック

トラックバックURL: