LIVElog/@ぴあ | ジェット @STUDIO COAST

ジェット @STUDIO COAST

ジェット、来日ツアーをスタート。

東名阪で開催!

100106_%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%88.jpg

オーストラリアのロック・バンド、ジェットが1月5日、東京・新木場STUDIO COASTより来日ツアーをスタートし、満員の聴衆を前にロック・スピリット溢れる力強いパフォーマンスを披露した。

ジェットニック・セスター(g&vo)、クリス・セスター(ds&vo)の兄弟を中心にキャム・マンシー(g&vo)、マーク・ウィルソン(b)を加えた4人組。世界中で大ヒットを記録した2003年のアルバム『ゲット・ボーン』のリリース以来、世界のロック・シーンをリードする存在となり、昨年8月に3作目のアルバム『シャカ・ロック』をリリースした。

新作を引っさげての本ツアーは、昨年7月のFUJI ROCK FESTIVAL以来となる。オープニング・アクトを務めたツイステッド・ウィールに続きジェットがステージに登場すると、会場のボルテージは一気に上昇。1曲目の『リップ・イット・アップ』に続き、『プット・ユア・マネー・ホエア・ユア・マウス・イズ』、そして新作『シャカ・ロック』から『シーズ・ア・ジーニアス』を披露すると、序盤ながら会場は最高潮を迎えた。

ライブはギター、ベース、ドラム、キーボードという非常にシンプルな構成ながら、一つ一つの音が骨太で重みのあるサウンドで、そこに、ハードな演奏に全く引けをとらないニックの力強いボーカルが絡み合う。単に勢いや力強さだけに流されず、きっちりと心に突き刺さるメロディを聴かせていく。

大ヒット曲『アー・ユー・ゴナ・ビー・マイ・ガール』など、新旧のナンバーを織り交ぜて演奏し、アンコールが終了するまで全く勢いが衰えることなくハイテンションなパフォーマンスが披露された。

今後、1月6日東京・STUDIO COAST、7日(木)愛知・クラブダイアモンドホール、8日(金)大阪・なんばHatchで開催される。

>>ジェットのチケット購入はこちらから

トラックバック

トラックバックURL: