LIVElog/@ぴあ | ロックン・ロール・ホール・オブ・フェイム25周年記念コンサート ロックの創造者たちの音楽祭

ロックン・ロール・ホール・オブ・フェイム25周年記念コンサート ロックの創造者たちの音楽祭

ブルース・スプリングスティーン&Eストリート・バンド、U2、
スティーヴィー・ワンダー、メタリカ、ジェフ・ベック
らが出演した
通称:ロックの殿堂25周年コンサート。

ライブレポートをお楽しみくださーい。

091217_rock_05.jpg

Photo:ロイター/アフロ

さる10月29日・30日。2日間にわたり、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで「ロックン・ロール・ホール・オブ・フェイム25周年記念コンサート ロックの創造者たちの音楽祭」が行われた。

このライブは、ロックに多大なる影響や功績を残したミュージシャンらの記録が展示、保管されている、通称:ロックの殿堂のスペシャル・イベント。なんといっても、ブルース・スプリングスティーン&Eストリート・バンド、U2、スティーヴィー・ワンダー、メタリカ、ジェフ・ベック、クロスビー、スティルス&ナッシュなど、出演アーティストのあまりの豪華さに驚かされるものであった。しかし、それ以上といっていいサプライズがこのスペシャル・イベントでは繰り広げられたのである。

どういうことかというと、ここで挙げたラインナップはいわゆるメイン・アクト。それぞれが見事なパフォーマンスで会場をヒートアップさせてくれたのだが、それぞれにスペシャル・ゲストが加わり、もう二度と観られることはないであろうコラボレーションも次々と披露されたのである。

091217_rock_01.jpg

クロスビー、スティルス&ナッシュのパートではボニー・レイットスティーヴィー・ワンダーではスモーキー・ロビンソン、B.B.キング、スティングU2ではミック・ジャガー、ブルース・スプリングスティーン、パティ・スミス、ブラック・アイド・ピーズジェフ・ベックではスティング、バディ・ガイメタリカではオジー・オズボーンブルース・スプリングスティーン&Eストリート・バンドではビリー・ジョエル。そう、いったいどうなっているんだろうといいたくなる、信じられないコラボレーションの連続だったのである。

091217_rock_02.jpg

たとえば、ブルース・スプリングスティーンが自身のキラー・チューン「明日なき暴走」をビリー・ジョエルとデュエットする、U2の演奏でローリング・ストーンズの「ギミー・シェルター」がミック・ジャガーブラック・アイド・ピーズのファーギーボノとで歌われる、ということはまったく誰にも予想できなかったパフォーマンスであり、驚かないはずのない、感動しないはずがないイベントだということである。

091217_rock_03.jpg

加えて、この「ロックン・ロール・ホール・オブ・フェイム25周年記念コンサート ロックの創造者たちの音楽祭」は、豪華パフォーマンスを十二分に楽しめると同時に、ロックの歴史がいかなるものであったかも知ることのできるイベントであった。そこで、時代も世代も超えて愛され、支持され続けるアーティスト、そしてスタンダード・ナンバーの強力な生命力とすばらしさをぜひとも感じ取ってほしい。ロックが文化であるアメリカならではの、だからアメリカという国でしかできない、あまりに見事な大エンタテインメント・ショーである。

091217_rock_04.jpg

この模様は、12月19日(土)午後7時50分からWOWOWにて独占オンエアされる。

Photo:ロイター/アフロ

トラックバック

トラックバックURL: