LIVElog/@ぴあ | Number the. @CHELSEA HOTEL

Number the. @CHELSEA HOTEL

グループ魂やTOKYO MOOD PUNKSで、ギタリスト兼サウンド・プロデューサーを務める
富澤タク率いるロック・バンド、Number the.が、
9月19日、渋谷CHELSEA HOTELで行われたイベントに登場。
この日は、自身のリリース記念のプチ・ツアーファイナルでもあった彼ら。
今まで、実にマイペースに歩を進めてきたのだが、
前身バンドの結成から16年目にして1stアルバムをリリースするなど、
ここにきて何だか彼らの周囲が騒がしくなってきた。

そんな彼らのステージの模様を、
プチ・ツアーファイナルにちなんで、プチ・レポートでお届け!

090930_numberthe_01.jpg

***************************************

Number the.と書いてナンバー・ザと読む。
バンド名からして気になるこのバンド、メンバーは・・・

富澤タク a.k.a遅刻(g&vo/グループ魂、TOKYO MOOD PUNKS)
外村公敏(ds/SHERBETS)
松澤登(b/ex.VENUS PETERの沖野俊太郎らとOCEANでも活動)
七瀬ミチル(鍵盤/BL WALTSでも活動、THE COLLECTORSのサポートも務める)

・・・からなる4人組。
1993年に前身バンドNumber the 9(ナンバー・ザ・ナイン)を結成、
1999年頃に現メンバーとなり、バンド名もNumber the.に。
そして今年7月、結成16年目にして初のアルバム『1st』をリリース。

なんか、この情報だけでもはや興味度満点なバンドだが、
失礼ながらいろいろ勝手に想像しつつ、
ようやく8月に彼らのライブを初目撃、そして衝撃。
今回は、その衝撃を確認すべく、再びライブへ。


090930_numberthe_02.jpg


自らのナンバーを流しながら登場した4人が、
一気にインスト曲に突入するという、何とも粋なプレイでライブはスタート。
前回初めてステージを観たときにも感じたが、
このバンドがオーディエンスを瞬時に引き込むパワー=グルーヴには圧倒される。

4人それぞれがこれだけ強い独自のグルーヴを持っているバンドも珍しい。
しかも、それが個々から放たれた瞬間に、驚くような結束力でもって結びつき、
表情を変えながらフロアを“Number the.色”に塗り替えるのだ。


090930_numberthe_03.jpg


艶やかで色気のあるグルーヴ、
ドリーミーでキャッチーなグルーヴ、
ゴリゴリと攻めまくるグルーヴ。

まるで英国パブの扉を開いたような感覚だったり、
夢の国に迷い込んだような感覚だったり、
色々な音の世界に連れて行ってくれる魅惑のグルーヴが、このバンドからはあふれている。

百戦錬磨の人たちに向かって言うのもなんだけれど、
この人たち、どんだけ引き出し持ってるんだ、と思ってしまう。


090930_numberthe_04.jpg


ダビーな要素を取り入れた「DUB-N'」では、
途中で、ギターの音なんだかキーボードの音なんだか
どこで鳴っているのかわからないようなサウンドの渦に巻き込まれ、
次第にグワっと覚醒させられる。
「STARTED」から「BLACK TEA」に間髪入れずに突入するタイム感には、
一気に高揚させられる。

そしてなにより、ビートにのったメロディと、耳に届く日本語のうた。

このバンドから生まれるグッド・メロディは、
モッズもガレージもブルースもすべて呑み込んだ普遍性をもち、
存在感のあるうたとともに響いてくる。


090930_numberthe_05.jpg


ともすれば、ブリティッシュ・サウンドはレイドバックになりがちだが、
Number the.が奏でるサウンドは、いまの息吹に満ちている。
随所にモッズ・バンドへの敬愛は感じるが、貫いているのは、精神性。
だから、“いまの息吹”と書いたけれど、10年後に聴いてもきっと、そう思うだろう。


090930_numberthe_06.jpg


アウトロまで自らの曲を流すなど、この日は約30分という短い時間の中で、
バンドのすべてを見せるかのようなステージを繰り広げた彼ら。
とにかくひと言で言えば、カッコいい!! に尽きます。
欲を言えば、もっと観たいです。
大人の本気は、たまらなくカッコいいのです。


Photo●Takuma Mori
Text●秋元美乃(@ぴあ編集部)



★続・プチツアーも決定、詳細は追って発表!
>>Number the.の公式サイトへ

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

Number the. チェルシーホテル観に行けなかったので
ライブレポ嬉しかったです!
以前、新宿ロフトに観に行ったのですが、
インスト曲もカッコ良いですよね♪
大人のRock、“大人の本気”はホントカッコイイと思います。
同感!!
またまたずっと追っかけてレポートしてくださいね~
楽しみにしてます★

P-さん        2009年10月 1日 16:18

あの富澤さんのバンドだったのですね~!

ほかのバンドでは拝見したことがあるのですが、ホカホカしたレポを読んでナンバーザでも見たくなりました!

ギター姿、カッコイイ♪

東京にオリンピックが来なくて気分が落ち込んでいたけど、なんか元気もらいましたヨ!

次の251のライヴはゼッタイ行きますっっ!!!

tsukiyubi        2009年10月 5日 22:05

ち、遅刻さんじゃないですか!
こんな活動されてたんですね!!
グループ魂の遅刻さんじゃない遅刻さん、
ぜひ見てみたいです!!!

ぺちこ        2009年10月 6日 00:08