LIVElog/@ぴあ | J-WAVE LIVE~AUTUMN @オーチャードホール

J-WAVE LIVE~AUTUMN @オーチャードホール

J-WAVE 81.3FMが開催する“聴かせるライブ・イベント”「J-WAVE LIVE~AUTUMN」。今年は、9月12日に渋谷・BunkamuraオーチャードホールにてCrystal Kay、K、CHEMISTRY、平原綾香、久保田利伸を迎え開催された。

090916_jwave1.jpg

「J-WAVE LIVE ~AUTUMN」はミュージック・ディレクターに作・編曲家として現在最も注目を集めている羽毛田丈史を迎え、日本トップクラスの腕利きミュージシャンたちによる特別編成バンドをバックに実力派ボーカリストたちが集う“聴かせるライブ・イベント”。出演はCrystal Kay、K、CHEMISTRY、平原綾香、そしてスペシャルゲストの久保田利伸、 シークレットのゲストとしてバイオリニストの宮本笑里も登場!

会場の暗転とともにこの日MCを務めるJ-WAVEの番組「BOOM TOWN」のナビゲーター、クリス智子が登場。「現在のミュージックシーンで最重要のピアニスト、コンポーザー、アレンジャーである羽毛田丈史さんをフィーチャーしたスペシャルバックバンドとともにお送りする今日のためだけに作られたプレミア感いっぱいのライブです」とライブを紹介、トップバッターのKを呼び込んだ。

「どーも」と一言、はにかみながら登場したK。そのままピアノの前に座り、弾き語りで『ONE LAST CRY』を熱唱。「今日は普段とはちょっと違う感じのライブです。今日の主役、羽毛田さんです」と、羽毛田丈史とバンドメンバーを紹介、彼らをバックに『525600min. ~Sasons of Love~』と『Only Human』を歌うと、平原綾香を呼び込み、最後はこの日のスペシャルコラボレーションとなる『Y.E.S』を2人で熱唱した。「Kくんの曲を一緒にやるのははじめて」とのことだったが、息のぴったりとあったデュエットに会場もじっくりと耳を傾けていた。

090916_jwave8.jpg

Kを送り出し、そのままステージに残った平原綾香は、ニューアルバム『my Classics!』からの『新世界』『ノクターン』を披露。3曲目には初共演となるCHEMISTRYと『Jupiter』を熱唱した。ラストは「結婚式に歌ったらいいと思います」というトゥーランドットの『誰も寝てはならぬ』を使ったメロディに自ら作詞したラブソング『ミオ・アモーレ』で締めくくり、音域の広い圧倒的な歌声で会場を魅了した。

090916_jwave6.jpg

続いて、この日のスペシャルゲスト、日本でのライブは2年ぶりとなる久保田利伸が登場。ステージに現れるなり『Indigo Waltz』を歌い始めると、一瞬にして会場が久保田の世界に染まってしまうほどの強烈なオーラでオーディエンスを引き込んだ。「ソロでは10年以上歌ってない」という『You were mine』も熱唱、オーディエンスも総立ちとなり、体から自然とわき出るような圧倒的な歌声に酔いしれた。

090916_jwave7.jpg

休憩の後、ミュージック・ディレクター羽毛田丈史を中心とするバンドとシークレットゲストとしてJ-WAVEの番組「MITSUBISHI JISHO CLASSY CAFE」のナビゲーターも務めるバイオリニスト宮本笑里が演奏。

090916_jwave5.jpg090916_jwave4.jpg

つづいては、Crystal Kayが登場。スパンコールがきらきらひかるセクシーなドレスに身を包んだCrystal Kay。「7月1日でデビュー10周年を迎えました。ここまで来れたのは聞いてくれる皆さんがいるから」と『恋におちたら』『Boyfriend』『Kiss』を熱唱。続いて「10周年第一弾シングル。男性シンガーと歌うならやっぱり要だと思って元カレ役を頼みました」とCHEMISTRY川畑要と『AFTER LOVE -Boyfriend』を共演。最後はCHEMISTRY堂珍嘉邦も登場し、2005年にコラボレーションした『TWO AS ONE』を3人で熱唱した。

090916_jwave3.jpg

そして、この日のトリは2年連続で「J-WAVE LIVE~AUTUMN」に出演しているCHEMISTRY。『愛しすぎて』『This Night』を続けて披露。3曲目の『ALIVE』では宮本笑里が再び登場して、コラボレーションとなりました。ラストは、「最後は皆さんと一緒に歌いたい」とヒット曲『You Go Your Way』を熱唱した。

090916_jwave2.jpg

2人が退場した後も鳴りやまない拍手の中、MCのクリス智子が登場。この日の出演者全員をステージに呼び込み、「全員そろったところで、J-WAVEからのリクエストの曲を」とアンコールに久保田利伸の『LALALA LOVE SONG』とアース・ウインド&ファイアーの『September』を全員で歌うという超スペシャルなコラボレーションが実現した。終了後、客電がついてもなりやまない拍手の中、J-WAVE LIVE~AUTUMNは終了した。

トラックバック

トラックバックURL: