LIVElog/@ぴあ | 浅井健一 @昭和女子大学 人見記念講堂

浅井健一 @昭和女子大学 人見記念講堂

この春から、ソロ・プロジェクトを再始動させたベンジーこと浅井健一
今回のソロ活動では、果たして、どんな世界が広がっているのか!?
6月28日に行った昭和女子大学 人見記念講堂公演の模様をお届けします!

090714_asai_01.JPG

***************************************

浅井健一はまるで話すみたいに歌い出した。抱えたギターはさらに雄弁に語り掛ける。
“Oh 今からすぐに始めようか Ah 不思議な感じの2人の旅 楽しいメロディ~”(『2人の旅』)
常に1対1で発せられるそのやわらかくも鋭い歌声は、一瞬にして満員のオーディエンスをキュッとひとつに、そして昭和女子大学人見記念講堂を緊張と安らぎに満ちた美しい空間へと変えてしまった。

ソロ名義の楽曲を筆頭に、BLANKEY JET CITY、AJICO、JUDE……選曲は実に奔放で、それぞれにダイナミックかつ繊細なアレンジが施されていた。例えば『新しい風』。静かに始まった長い長いイントロダクション。ピックではなく指でつま弾くギターの音色は独特で、弦が擦れる音までもが景色の一部となり目の前に広がっていく。“愛したい”のではない、“愛することがしたいんだ”。描かれているのは、恐ろしく純度の高い願い。そのために“生きるんだ”という、祈りにも似た決意。

一転、新曲『FRIENDLY』では、ヴァイオリンとアコースティックギターを軸に置いたバンドサウンドが、口ずさまずにいられない魔力を持ったメロディを紡ぎだす。案の定、家に帰り着くまでずっと“フレンドリー アフタヌーン メロディー”ほぼ初対面のフレーズが頭の中をリフレイン。しかしある日の日常が透けて見えてくるくらい肩の力の抜けた歌詞の奥には、数々の問題が山積する今の日本、世界、地球において本当に大切なものがしっかりと刻まれているわけで。一見、フォーキーで心地よいこの曲も、やはりブレることなくとことんロックなのである。


090714_asai_02.JPG


ホールでありながらステージとの距離がグッと近く感じられたのは、抜群に音響効果が素晴らしい会場はもちろん、一新されたバンドによるところも大きかったように思う。特に初顔合わせとなる深沼元昭の存在は、とても新鮮で、ある意味チャレンジでもあって。少なくとも浅井健一の横にギタリストが並ぶ光景を、私は初めて見た。しかも会話するように、呼吸するように、独特の間で奏でられるベンジーのギターとこんなにも自然に、深く強くカッチョ良く響き合うだなんて。さらに、中條卓&椎野恭一という歌心溢れる強靭なリズム隊、岡村美央が奏でる艶やかで時にアクロバティックなヴァイオリン。5人5様のメンバーは激しく共鳴し合い、怒濤のエンディング、無敵のアンコールに向けて大きなうねりを生み出していった。強い意志と生命力に溢れたうねりを!
そしてうねりのど真ん中で最高に楽しそうな浅井健一。その笑顔が何よりも、2年ぶりにソロ・プロジェクトを再開させた理由を物語っていた。

鳴り止まない拍手と歓声に応えてステージに三度登場したメンバー。「2回目のアンコール、ありがとう」そう話すベンジーの声はチョッピリ弾んでいて、間髪入れずに響かせた『何も思わない』はズシリと重かった。
「サンキュー。ありがと。またどっかで会おうぜ。その時まで全員元気でね。バイバイ」ステージを降りる直前にベンジーからひと呼吸で一気に放たれた言葉は、ただの挨拶ではなく、堅い再会の約束だった。次はソロなのか、SHERBETSなのか、はたまたまったく違うバンドかもしれない。ただその時も自分の信じる真実を貫き、浅井健一というロックを鳴らし続けていることは間違いない。だから信頼できる。また絶対に逢いたいと思うんだ。

Text●山本祥子
Photo●岩佐篤樹


>>今週末7月18日(土)は『LIVE FACTORY 2009』に登場!

※このライブは、浅井健一(vo&g)、土屋昌巳(g&cho)、中條卓(b)、椎野恭一(ds)、岡村美央(violin)というメンバーで登場!!


>>浅井健一のライブ情報

トラックバック

トラックバックURL: