LIVElog/@ぴあ | Dragon Ash @SHIBUYA-AX

Dragon Ash @SHIBUYA-AX

3月にスタートしたDragon Ashのアルバム・ツアー「Dragon Ash Tour FREEDOM~新進
シャンソン歌手総出演、新春シャンソンショウ~」のファイナル公演がSHIBUYA-AXで開催された!


Dragon%20Ash_001.jpg

19公演のラストを飾るのは、本ツアー5回目の東京でのライブとなる渋谷AX。

アルバム『FREEDOM』をリリースして始まったツアー、その追加公演となるこの日のライブではアルバムからの楽曲を中心に、本公演では披露されなかった、ファンにおなじみの楽曲や、ツアー用にリアレンジされたなつかしの曲も披露された。

すがすがしい初夏の渋谷にTシャツやタンクトップ、手にはDragon Ashのハンドタオルを持った“楽しみたい!!”空気満々の約1500人のオーディエンスが集結。会場が暗転して、アルバム『FREEDOM』の『Intro』でライブはスタート。

そこからは一気に上げの『Freedom』『Desperado』、Kjのお得意「飛び跳ねろ~」の掛け声に一気に沸点に到達した。

そして、最初のゲスト、武田真治の登場。
アルバム『INDEPENDIENTE』からの『El Alma』でハイブローのサックスが炸裂する。

ここからはマッタリモード、久しぶりに披露された『Glory』、夏にぴったりな『Sunset Beach』『静かな日々の階段を』などゆったりしたグルーブに身をゆだねる。

そして、一転『Velvet Touch』ではプロモーションビデオにも出演した、フリースタイルサッカーユニットMy-Bが登場、トリッキーなサッカープレイを演奏に合わせて披露した。

『繋がりSUNSET』ではオーディエンスの合唱も起こった。

そして、みんな本当にまっていたファンとバンドの大切な場所、ライブに対する気持ちを歌った曲『百合の咲く場所で』。ギターからハンドマイクに持ち替えたKjがオーディエンスを煽りまくる。

今や新たなバンドのライブアンセムになりつつある『Dear Mosh Pit』。スクリーンに映しだされた歌詞を会場全体で熱唱する。

『La Bamba』はお祭り騒ぎだ。

そして、更にゲスト。おなじみともいえる盟友S.B.KからSHIGEOそしてSHUNがステージへ。抜群のマイクパフォーマンスで貫禄を見せた。

いよいよ架橋に次は、これでもかの『Fantasista』で会場の温度は更にアップ、正に酸欠状態でオーディエンスが踊り狂う。

そして、本日最大のサプライズゲスト、持田香織さんの登場。やたら男くさかったステージが一気に華やかに…。Kjの希望で実現したフィーチャリング曲『wipe your eyes』を特別な日のために披露した。

本編のラストはアルバム同様『運命共同体』。ファンにここで再開することを誓って幕を閉じた。アンコール込みで約2時間。笑顔で踊って、最後は泣けるすばらしいライブだった。

Dragon%20Ash_002.jpg

SET★LIST
1.Freedom
2.Desperado
3.Ivory
4.El Alma ※feat.Shinji Takeda
5.Glory
6.Sunset Beach
7.few lights till night
8.静かな日々の階段を
9.Velvet Touch ※リフティング My-B
10.Mixture
11.繋がりSUNSET
12.百合の咲く場所で
13.Dear Mosh Pit
14.La Bamba
15.Episode6 ※feat.SHUN,SHIGEO
16.Fantasista
17.wipe your eyes ※feat.持田香織
18.運命共同体

アンコール
1.Let yourself go,Let myself go
2.Bonita
3.Episode 4
4.Smells Like Teen Spirit
5.Iceman
6.Viva la revolution

>>Dragon Ashのチケット情報へ

トラックバック

トラックバックURL: