LIVElog/@ぴあ | 藤木直人 @よこすか芸術劇場

藤木直人 @よこすか芸術劇場

藤木直人の全国ツアー「Naohito Fujiki Live Tour ver9.0~10 COUNT TOUR~」が
6月12日によこすか芸術劇場よりスタートした!

初日レポートが到着!

%E8%97%A4%E6%9C%A8%E7%9B%B4%E4%BA%BA_01.jpg



待ちに待った全国ツアー、「Naohito Fujiki Live Tour ver9.0~10 COUNT TOUR~」が6月12日、よこすか芸術劇場にて初日を迎えた。梅雨入り前にして幸いにも好天に恵まれ、会場のまわりは、さわやかな潮風が吹き抜けていた。

幸運にもこの日のチケットを入手し会場に押し寄せた2000人のファンは、早くからコンサートグッズのブースに長蛇の列を作っている。

午後6時30分。楽屋に集まったメンバーとスタッフが鬨の声を上げた。張り詰めた空気。次々にメンバーが定位置に付いていく。もうすぐ幕が上がる。

当たり前のことだけど、ショーは、始まったら、止まらない。緊張が高まる・・・。

満を持して藤木がステージに上がった瞬間、耳をつんざくようなオーディエンスの声に、会場は包まれた。

%E8%97%A4%E6%9C%A8%E7%9B%B4%E4%BA%BA_03.jpg

幕が上がった。1曲目から、ハイテンションで会場は興奮の坩堝となる。この、解放感!! まさに水を得た魚のように、藤木はステージ上を駆け回る。2日前に発売になったニューアルバム『∞Octave』の楽曲や、定番の楽曲が次々に披露される。イントロが流れるたび、タイトルがコールされるたびに、客席は大きく沸いた。藤木は次々にギターを持ち替え、鋭い目で客席を見つめたり、微笑んだり、こんなに沢山の表情が見られるのは、やはりライブだから。

%E8%97%A4%E6%9C%A8%E7%9B%B4%E4%BA%BA_04.jpg

そしてエンディングに向かって、加速度的に盛り上がっていくオーディエンス。藤木とメンバー、そして照明も、舞台設備も一体となって、初日とは思えない完成度の高いパフォーマンスを展開していく。ニューシングル『CRIME OF LOVE』など、全23曲を歌い終える頃、客席を見渡す藤木の表情は、満面の笑みをたたえていた。

%E8%97%A4%E6%9C%A8%E7%9B%B4%E4%BA%BA_02.jpg

終演後・・・。最後に楽屋に降りてきた藤木を、全スタッフが大きな拍手で迎えた。少し照れたように、藤木は微笑んだ。ライブ中も度々そのことに触れていたけれど、今回は10周年記念のライブツアー。2本のドラマの撮影をかかえ、全くスケジュールのない中で、こんな素敵な初日を迎えられた、そんな喜びに満ちた表情だった。今回のツアーは見逃せない!! そして10周年をお祝いしよう!


>>藤木直人 公式サイトへ

>>藤木直人のチケット詳細へ

トラックバック

トラックバックURL: