LIVElog/@ぴあ | 上田現 UEDA GEN TRIBUTE LIVE「キコエルカイ」 @日比谷野外音楽堂

上田現 UEDA GEN TRIBUTE LIVE「キコエルカイ」 @日比谷野外音楽堂

昨年2008年3月9日に惜しまれながら他界したLA-PPISCHのキーボーディストであり、脱退後は自身のソロワークと並行して、元ちとせの大ヒット曲『ワダツミの木』を生み出すなどサウンドプロデューサーとして活躍した上田現のTRIBUTE LIVE「キコエルカイ」が5月5日(火・祝)に日比谷野外音楽堂で開催された。

UEDAGEN%20TRIBUTE_1.JPG

******************************************

降りやまない雨に身体を寄せ合っていた観衆はイベントのスタートとともに全員が総立ち。雨音を切り裂くかのように上田現自身の曲である『上田現のテーマ』が鳴り響き、トップバッターのPOLYSICSが登場。参加者の中では最年少の彼らを暖かく迎えるオーディエンス。会場が揺れだす。締めの一曲としてトリビュートアルバム『Sirius~Tribute to UEDA GEN~』に収録されている『歌姫』のカバーをゲスト・ギタリストとして参加した杉本恭一と共に天に捧げた。

その後に控えていたのは、今年デビュー20周年を迎えるモンスターバンド東京スカパラダイスオーケストラ。リハーサルなしでもびくともしない彼らの演奏に会場中が一つの塊の如く大きなうねりと化した。縦ノリ、横ノリ、自由自在に奏でるグルーヴに観客は身を委ねた。彼らもトリビュートアルバムから『-6m』を披露した。両バンド共に20分という、限られた時間の中であれだけ素晴らしいパフォーマンスが生まれたのは亡き上田現への愛情があってこそ。これは今回の出演者全員に言えることでもある。

次に登場したのは上田現のソロプロジェクトであり、彼らを支えたELEの面々。代表曲『お祭り』から始まった。今回の趣旨説明がライブの冒頭でMAGUMIから行われたが、彼曰く「上田現フェスティバル」。その言葉を再度伝えるかのような選曲だった。

その後、伊藤ふみおがゲストボーカルとして参加。上田が彼に提供した『君の横顔』、トリビュートアルバムに収録されている『夢のブランコ』を披露した。彼との思い出を丁寧に語る姿、そして衣装を全身白にして来た姿に純粋な、そしてまっすぐな愛情を感じた。


UEDAGEN%20TRIBUTE_2.JPG


伊藤の後にゲストボーカルとして登場したのは元ちとせ上田現の名前を最大限に広めた、彼女の代表曲『ワダツミの木』が聞こえ始めると会場は波の音に耳を傾けるかのように静かに酔いしれた。上田現との親交は周知の如く。MCの一言一言にその断片を感じることが出来た。その後『羊のドリー』『ハイヌミカゼ』上田との思い出がたっぷり詰まった2曲を披露。伊藤ふみお元ちとせをゲストボーカルに迎えたELEのセクションの最後の曲はシングルでも発売された『ファウル』。ボーカルを務めた奥村 大がワンコーラス歌った後に聞き覚えのある声。何と上田現自身の声と演奏を同期させるという、奇跡のアンサンブルが生まれた。

トリは勿論LA-PPISCHMAGUMI杉本恭一tatsuがステージに上がると同時に客席は総立ち、大歓声が鳴り響く。この時点で既に夜。ライティングに照らされる、美しく眩い雨粒たちは既にLA-PPISCHのパフォーマンスの演出のように見えた。昨年の上田現追悼ライブでは上田現の作詞・作曲による楽曲で構成されたステージであったが、杉本恭一による作品も存分に演奏され、LA-PPISCHというモンスターバンドそのものであった。『OUR LIFE』『CONTROL』と立て続けに彼らがライブバンドであるという所以をまざまざと見せ付ける楽曲がオーディエンスの心と体を温める。

そこにゲストボーカリストとして加わる形で宮沢和史がトリビュートアルバムに収録された『タンポポ(ToysII)』を熱唱。初期の代表曲『リックサック』を挟みつつ、次の『HARD LIFE』ではTAKUYA(ROBO+S)がギタリストとして参加し、熱量をさらに加える。その後の上田現が作詞・作曲を手がけた『さくらさくら』では、演奏前にMAGUMIから上田現が愛した桜を見るたびに彼の存在を思い出して欲しいというメッセージを観客はしみじみとかみ締めながら聞いていたに違いない。これも上田が作詞・作曲を手がけ、彼らの代表曲となった『ハーメルン』を挟み、再びビートが加速していく。トリビュートアルバムには筋肉少女帯 with 水戸華之介という名義で収録された『サイクリング』LA-PPISCH水戸華之介で演奏。MAGUMI水戸の絶妙なボーカルの絡み具合が曲の持つ怪しさを駆り立てる。本編最後となったライブの定番曲『美代ちゃんの×××』が終わった瞬間、LA-PPISCHというバンドが今回の企画の主人公であったことを確信した。そこには勿論、上田現の姿もいるということを前提に。

アンコールでは『プレゼント』『パヤパヤ』の2曲を演奏。『パヤパヤ』では全出演者が登場。ダイノジまちゃまちゃといったセッティングの間で司会を務めた面々も並ぶ。東京スカパラダイスオーケストラのホーン隊を交えての管楽器隊がこれでもかと曲自身の持つエネルギーを最大限にぶちまける。上田現の為に捧げるフェスティバル、それはこの姿だったに間違いない。


>>上田現 公式サイトへ
>>
上田現 レーベル公式サイトへ

トラックバック

トラックバックURL: