LIVElog/@ぴあ | ムック@日本武道館

ムック@日本武道館

ニュー・アルバム『球体』が好評のムックが、
約3年ぶり、2度目の日本武道館公演を3月15日に開催。
サプライズの新曲披露もありと、
終始熱いステージとなった一夜の模様をお届けします!


20090323_mucc01.JPG


******************************************

ニュー・アルバム『球体』をリリースしたばかりのムックによる、2度目の日本武道館公演。
会場に入るなり、大がかりなセットが目に飛び込んでくる。
吊るされた巨大な球体。そして、左右ふたつずつのスクリーン(これはソールドアウトで端まで埋め尽くされた客席への配慮もあるだろう)と、センターには大きなLED。
さらに、暗転するといきなりレーザー光線が飛んでくる。
これだけド派手な特効に耐えられるパフォーマンスができるバンドはなかなかいない。
しかし、1曲目の『咆哮』から、4人は挑むように歌い奏で、オーディエンスも全方位を覆うように文字通り咆哮する。
ここで早くも、ムックは「数少ない武道館が似合うロック(ここ大事!)バンド」であると実感させられた。
そしてダンスチューン『ファズ』では、達榔の「全員で踊るぞ!」のひと声から、眩しい光に照らされてみんな踊り出す。
デカイ会場だろうが、オーディエンスが男子やカップルも目立つ多種多様な客層だろうが、誰ひとり置いていかない、それがムックのライブだ。


20090323_mucc02.JPG


さらにSEを織り交ぜたり、火柱が立ち昇ったり、演出もドラマティックな空気を後押ししていく。……かと思ったら中盤、ド迫力のSATOちのドラムソロに続く、YUKKEも加わったリズムソロではユーモラスな演出が。
スクリーンのメンバーのイメージ映像に合わせて、ふたりがリズムを奏でたのだ(例えば、ミヤのヤンキースタイルの映像に合わせた音、とか。説明が難しい!)。
技術あり、表現力あり、笑いありなムックだからこそできる秘儀(!!)と言えるだろう。


20090323_mucc03.jpg


そこから空気は一転。
懐かしさに大歓声が起きた『砂の城』や、アカペラからはじまった『hanabi』で、一気に空気はシリアスに。
さらに、『シヴァ』『名も無き夢』と、終盤にかけて激しく畳み掛ける楽曲が続く。
「お腹いっぱい? 甘いものは別腹?」
という達榔のチャーミングなMCからはじまった『蘭鋳』では、風を感じるほどのヘッドバンキングが巻き起こる。
極まったところで本編ラストは『リブラ』。
渾身の力を轟かせて、ひとり一人が頭を下げて去って行った。


20090323_mucc04.jpg


アンコールではセンターで肩を組んだり、手を挙げたりしながら、リラックスした表情を見せるメンバー。
そのピースフルなムードのまま演奏へ。
『フライト』では《僕等はこんなにも生きている》のフレーズを、達榔がマイクを差し出してオーディエンスに歌わせた。
しかし、それでも帰りたくないオーディエンスは再びアンコールを求める。
そして奏でられたのは『優しい歌』。
ハンドクラップとシンガロングに加えて、達榔の呼び掛けでオーディエンスが携帯を振り、客席が光の海に! 照らされた4人の笑顔は、幸せに満ちていた。


20090323_mucc05.jpg


そしてメンバーが名残惜しそうにピックやスティックを投げながらステージを降り、流石に終演かと思ったその時、急に暗転。
スクリーンに、リリースやツアーの告知が流れる。
湧き上がる歓声の中、何と留めにステージにメンバーが再び現れ、新曲を披露!
堂々とした演奏を見せ、嵐のように去っていった。
最後まで息をつかせぬ粋な展開の数々。
しかもそれを、借りてきたネコのようでなく、自らのモノにして表現している様子に、ムックが大きなバンドに成長したことが感じられた。
世界基準とはよく彼らに使われる言葉だけれど、この日を体験した人は痛感したことだろう。
それが単なる枕詞ではないということを!

Text●高橋美穂
Photo●河本悠貴


>>ムックの公式サイトへ

>>全国ツアーのチケット情報はこちら

トラックバック

トラックバックURL: