LIVElog/@ぴあ | クロワニ インタビュー到着!

クロワニ インタビュー到着!

注目のニューカマーをご紹介している「六本木クラブサーモン」
第4回目のオンエアはご覧いただけましたか?

最初に登場したのはロックンロール・バンド、クロワニ
見かけ怖そうですが、そんなことはありません!
ストレートなロックを聴かせてくれた彼らの素顔が覗けるインタビューはこちら!


090330_cs_kurowani01.jpg

*****************************************

富家イチロウ(vo&g)、徳光康平(b)、市川隆晶(ds)による3ピース。
屈強なサウンドとメロディアスな旋律という、絶妙なバランスが心に残るロックを放つ。
そんなクロワニの素顔を要チェック!

◆バンド名「クロワニ」の由来は?

市川「バンド名の由来は俺たちも知らない。なんでクロワニ?」
イチロウ「バンド名を考えていたときに、俺が黒いワニのポロシャツを着ていたから」
徳光「それだけ?(笑)」
イチロウ「グレーに黒いラコステのワニマーク。下北かどっかの古着屋で買った珍しいもの。そのポロシャツをツアーで忘れてしまったとき、わざわざ郵送で送ってもらった。でも、また失くしてしまって。いま、どこにあるんだろうね」


090330_cs_kurowani02.JPG


◆音楽との出会い、そして楽器をはじめたきっかけは?

イチロウ「中学のときに英会話を習うために教会に通っていて、そこで賛美歌をアコースティック・ギターで教えてもらって」
徳光「それも初めて聞いた、ギターは賛美歌から?」
イチロウ「誰でも弾けるぐらい簡単だから、賛美歌。3コードだし」
市川「僕が音楽を始めたきっかけは、ビートルズの映画『バックビート』。それを観て感動して、最初はギターを始めたんですよ。でも、ドラムをやっている友達のドラムセットに座ったら、すごい楽しくなってきて。そいつから500円くらいでドラム・セットを買って・・・買ったというか、奪った(笑)。いや、500円も払ってないから盗んだ状態かな。それまでドラムを叩いている人を見てもなんともなかったのに、座ったら楽しさに気がついて。なにしろ音がデカいから!」
徳光「俺も映画だった。シド・ビシャスの映画『グレイト・ロックンロール・スウィンドル』。たぶん中学生のころだったと思う。それでベースを買ったんだけど、間違えてジャズ・ベースを買ってしまって。まったく愛着が沸かなかったんだよね」
イチロウ「そういうもんだよ、俺も昔はギターのチューニングとかまったく分からなかった。いい感じの“張り”でいいだろう、と思っていたし(笑)。なんか音が違うけど、プロは特殊なギターを使っていると勘違いしていた。チューニングというものを知ったのは3年後(笑)」

◆影響を受けたアーティストは?

イチロー「キリがないけど・・・・・・やっぱりギターウルフとか、イギー・ポップ。曲どうこうじゃなくて、ライブに行って爆発力を感じると、やっぱコレだ!と思う」
市川「キャロルとかクールス。ドラマーで言うと、DEF LEPPARDのドラマー、リック・アレン。事故で片腕を失ったドラマーなんだけど、その姿を見てカッコイイと感動しました」
徳光「ザ・ライダーズ、コブラとか。キレイに大人しく弾くんじゃなくて、もっとボーンでいいんだよ!って思いますね」


090330_cs_kurowani03.jpg


◆クロワニが考える“ロック”とは? またライブへのこだわりは?

イチロー「上限を決めないことがロック。これぐらいまでやっておこう、とか、明日起きられないとか、怪我したらどうしよう、とか、そういうことを考えずやれる人がカッコいいと思います。守りに入っている人は、ロックじゃないなぁ、と思う。そういうことは意識してライブをしています」
徳光「当日、泥酔しすぎて曲がとまったことがある(笑)。俺は深酔いしかしない。飲むと傲慢になります。でも腹減っているときのほうが機嫌悪くなります」
イチロー「ライブ前にやることは、必ず手を洗うこと。なんだろう、手を洗わずに出ると、モチベーションが違う」
徳光「俺はポマードを塗るか塗らないか。これでテンションが違うかな」

◆今後の夢は?

イチロウ「自分ら的にはカッコいいものをやっていると思うから。知ってくれれば共有できると思う。こっちから一方的に聴かせるんじゃなくて、もっとたくさんの人たちと音楽を共有したい」
徳光「ライブにたくさん人が来てほしいよね。シェルターが一番好きなライブハウスなんだけど、シェルターをソールドアウトにしてみたい」
イチロウ「俺はフェスぐらいの規模でいきたい。何千人も来るようなところで演奏してみたいです」
市川「僕の夢は世界平和です!」
徳光「頭、悪そうだよ(笑)」
市川「音楽を通して、世界平和。世界は平和なほうがいいです! でも、一度、世界が壊れたほうがいいとも思います! ・・・・・・これに関しては、特にツッコまなくていいです!」
イチロウ「そうそう、ノアの箱舟がね・・・・・・(略)」
市川「もう、いいです」


090330_cs_kurowani04.JPG


◆番組名は『六本木クラブサーモン』。さて、好きな鮭料理は?

徳光「なんでもスキだけどなぁ」
イチロウ「寿司。あ、これ、活字になる? じゃ、SUSHIで表記しておいてください。カッコいいから(笑)」
徳光「俺、最近弁当を作っているんだけど、2合のご飯の上に焼きジャケをどーんと乗せて食べています。だから好物は塩ジャケ弁当」
市川「鮭フレーク」


Text/Photo●生田ユリ


>>オンエアの模様は後日YouTube公式チャンネルにアップ

>>「六本木クラブサーモン」公式サイトはこちら

トラックバック

トラックバックURL: