LIVElog/@ぴあ | ロッド・スチュワート @日本武道館

ロッド・スチュワート @日本武道館

13年ぶりに来日を果たしたロック・ボーカリスト、ロッド・スチュワート。

会場を埋め尽くす1万人の観客を熱狂させた
3月11日、日本武道館公演をレポート!!!


%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%88%EF%BC%91.jpg


****************************************


エリック・クラプトンにジェフ・ベック、そしてそのふたりのカップリング公演と、ブリティッシュ・ロックのビッグ・ネームが立て続けにライブを行い、ネクタイ族のファンを歓喜させた日本に、今度はロッド・スチュワートが上陸。実に13年ぶりとなるジャパン・ツアーである。


今年、御歳64になったロッド・スチュワート。“Rocks His Greatest Hits”と銘打たれた今回のツアーは、その栄光のキャリアを総括する2枚組ベスト盤『スーパースター・ストーリー~ザ・ベスト・オブ・ロッド・スチュワート』(原題は『Some Guys Have All The Luck』)を携えてのもので、かねてから文字通りのグレイテスト・ヒッツ・ツアーになるとアナウンスされていた。しかも、時期を同じくして、ロン・ウッドとフェイセズ再結成の話が進展中との情報まで飛び交っていたのだから、御大の回春(!?)にファンのテンションは上がる一方だったはず。


というわけで、リアルタイマーではないけれど、フェイセズが大好きで、しかしフェイセズはおろかロッド・スチュワートのソロ公演も未体験だった筆者は、もしかしたら最初で最後になるかもしれないご対面を果たすべく、東京公演初日の日本武道館へ。近年はジャズ・スタンダードや他アーティストの楽曲をカバーし、ヴォーカリストとしての円熟を存分にアピールしていた彼であったとはいえ、当然のごとく筆者がイメージしていたのは、ロックンローラーとしてのロッドだった――。


%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%88%EF%BC%92.jpg


ところがところが、である。『God Father』をもじったと思われる『Rod Father』と題された映画予告風の映像や、(なぜか)フレンチカンカンの映像が流されたオープニングから、登場したロッドの司会者のような深紅のジャケット姿、加えて「ロッド・スチュワートが真っ赤なジャケットで登場しました。どうぞ楽しんで」とお茶目な笑顔で語るMC、そして、時にコミカルな仕草でハンカチで顔の汗を拭ったりしながら、陽気にステップを踏んで歌うパフォーマンスまで、幕を開けたライブは何もかもが予想だにしない展開。まるで往年のアメリカの音楽番組でも観ているかのようだ。さらには、娘のルビー・スチュワートを招いてソロで2曲も歌わせるという場面も。正直、かなり面食らってしまったし、どう受け止めていいのかわからなくなってしまった。もちろん、楽しいことは楽しいのだけど……。


が、休憩(その間に赤茶色のブルゾン or 革ジャンとシャツに衣装替え)を挟んでの後半戦に、ロッドのロック魂を垣間見ることができた。よりパワフルなナンバーがセットされ、ボーカルにも動きにも、熱いエモーションが宿ってくるのだ。とりわけ、今度は女性コーラスにソロで1曲歌わせた後(その間に黒シャツに衣装替え)に披露された、サッカーボールを客席に蹴りまくりながらの『ホット・レッグス』から、曲の途中から観客がボーカルを取った『マギー・メイ』、かつてのセクシー貴公子の片鱗を覗かせた『アイム・セクシー』、そして大合唱が巻き起こったアンコールの『セイリング』に至る流れは、実にエキサイティングかつ感動的だった。


好みが分かれるところだとは思うけれど、エンタテインメント・ショウとしての完成度はとても高かったと思うし、何より、大病を乗り越えて再びマイクを手にしたロッドの勇姿を見られたことが、ファンには嬉しかったことだろう。


Text●鈴木宏和 Photo●田中栄治

SET★LIST
1.サム・ガイズ
2.イッツ・ア・ハートエイク
3.ジス・オールド・ハート・オブ・マイン
4.パーティを開こう
5.リズム・オブ・マイ・ハート
6.おまえにヒート・アップ(インファチュエーション)
7.ダウンタウン・トレイン
8.さびしき丘
9.今夜きめよう
10.ピープル・ゲット・レディ
11.プリーチャー・マン(歌唱:ルビー・スチュワート)
12.レスキュー・ミー(歌唱:ルビー・スチュワート)
13.雨を見たかい

~10分休憩~

14.フォーエヴァー・ヤング
15.ツイストで踊りあかそう
16.ベイビー・ジェーン
17.胸につのる想い
18.ハブ・アイ・トールド・ユー・レイトリー
19.もう話したくない
20.プラウド・メアリー(歌唱:コーラスからひとり)
21.ホット・レッグス
22.マギー・メイ
23.アイム・セクシー

アンコール
1.セイリング

>>ロッド・スチュワートの公式サイトへ

トラックバック

トラックバックURL:

ROD STEWART 来日公演 セットリスト from ろっく場 - 舶来贔屓 -

本日さいたまスーパーアリーナで日本公演最終日をむかえるROD STEWARTの日本武道館公演2日目のセットリストが演奏曲報告場(Live Setlist)...

2009年3月25日 00:20        続きを読む »»