LIVElog/@ぴあ | ぴあデビューレビューVOL.139~Sonar Pocket~

ぴあデビューレビューVOL.139~Sonar Pocket~

完全招待制で行われるぴあの新人ライブイベント「ぴあデビューレビュー」。

昨年10月16日にShibuya O-WESTで行われたイベントには、
昨年9月にデビューしたSonar Pocketが登場!

080108_sonarpocket001.jpg

昨年9月にシングル『Promise』でメジャー・デビューを果たしたソナーポケット。リスナーをグッと惹きつけるボーカリゼイションとラップ・スキルを兼ね備えたko-dai&eyeronの2MCと、多彩な音楽センスで涙を誘う歌モノからビートが利いたアッパーなトラックまで響かせるDJのmattyによる3人組だ。この日は、名古屋出身の彼らにとって初の東京ワンマンでもあった。ゆえにオーディエンスも開演前から大きな期待感を会場に充満させていた。

080108_sonarpocket002.jpg


まずはmattyが登場し『最高のintro』をスピン。煽動的なブレイクビーツを呼び水に2MCが登場し、続く『タノシマセ隊』でオーディエンスにコール&レスポンスを求めると会場の一体感は早くも最高潮に。以降、序盤は会場のテンションがどこまで上がるかを試すように陽性のパーティ・チューンをフロアに投下した。彼らのメロディアスな魅力が全面に押し出されたラブソングである『Promise』だけを聴いてこのライブに足を運んだオーディエンスがいたら、この序盤の流れは驚いたかもしれない。しかし同時に、彼らの自由度の高い音楽性に触れていっそう興味を増したのではないだろうか。

080108_sonarpocket003.jpg


モードが切り替わったのは6曲目の『涙』から。この曲は12月10日にリリースされた2ndシングルで、いまの季節には否が応でも沁みるセンチメンタルな失恋バラードだ。ここから彼らのリリカルな歌心が映える曲が続き、本編ラストは彼らの大きな第一歩となった『Promise』で感動的にしめた。そして、アンコールの『ありがとう』ではオーディエンスにさらなる躍進を約束。大きな拍手がいつまでも鳴り響いていた。

Text●三宅正一 Photo●源賀津己

<Set List>
1.最高のintro
2.タノシマセ隊
3.情熱大陸
4.疾走TRIP
5.enjoy
6.涙
7.マイペース
8.I Believe
9.ソナポケ☆DISCO
10.友達に贈る歌
11.Brand New Way
12.Promise

<アンコール>
1.ありがとう

トラックバック

トラックバックURL: