LIVElog/@ぴあ | コブクロ『ファンフェスタ2008 10YEARS SPECIAL』

コブクロ『ファンフェスタ2008 10YEARS SPECIAL』

毎年、コブクロが和歌山県で開催しているイベント『ファンフェスタ』。
初回の2002年は和歌山マリーナシティを会場に野外で行なわれ、
2003年から2007年までは、屋内の和歌山ビッグホエールで開催された。
結成10周年記念となった今年は、紀三井寺運動公園陸上競技場にて再び野外で実施!

080917_kobukuro_001.jpg



場所は和歌山の「紀三井寺運動公園陸上競技場」。所属事務所が県内にあり、インディーズ時代の彼らは、大阪から遠征してきてこの地で歌い、腕を磨いたという。いわば彼らを育ててくれた第二の故郷が和歌山だ。その後も絆を大切にし、毎年この地で物産展なども併設した地元密着型の“ファンフェスタ”を開いてきた。その結成10周年のスペシャル・バ-ジョンが今回だった。

080917_kobukuro_002.jpg

通常のツア-とは違い、“ファンフェスタ”ならではのメニュ-で、オ-プニングは惜しげも無く(?)「YELL‐エ-ル-」。「永遠にともに」や「風」など、お馴染みの人気曲が披露される一方で、ストリ-ト時代によくやっていたという「ココロの羽」も披露された。当時はこの曲を最後の方で歌い、お客さんが手をつないでコ-ラスしてくれたというが、なんとその光景が、2008年に再現された。当時を知るファンが率先してやり始め、やがて会場全体がそれに習った。

080917_kobukuro_003.jpg

さらに嬉しいことに、彼らはこの10周年のステ-ジに向けて、新曲を作っていた。アンコ-ルで歌われた「時の足音」である。10月29日発売のニュ-・シングルにも決定した。2人の共作のこの歌は、黒田俊介のある一言がヒントとなったそうだ。つまり、身長差のある自分と相棒の小渕のこと、「まるで時計の長身と短針のようだ」と例えたことが発端だった。これまでにないスタイルの二人の掛け合いなども盛り込まれた実に新鮮な仕上がりで、コブクロの11年目に向け、二人の肩を力強く押してくれる作品となるだろう。

080917_kobukuro_004.jpg

この日、最大の見せ場は一番最後の「桜」ではなかったか。この歌、ライブでは後半はマイクを外し、アカペラで歌われることが多いのだが、なんとそれを、この広い陸上競技場でやってのけた。私は一番遠い席とほぼ同じ位置にいたが、耳をそばだてなくてもしっかり届いてた。集まった観客の数こそ違うが、コブクロの原点を見た思いだった。「外で歌い始めた僕らが10年経って再び外に帰ってくるのは素敵なこと」と小渕は言っていたが、まさにこれが彼らの本心なのだろう。

会場には、全国から駆け付けた2万5千人のファンがいた。正直、とても暑かった。さらに午後3時からの開演で、照明などの舞台効果も望めなかった。でも、だからこそ、コブクロの二人が歌ってきた楽曲の真の底力を思い知らされた一日だった。

Text●小貫信昭

トラックバック

トラックバックURL:

コブクロファンフェスタ2008 紀三井寺競技場 from 空を見上げて

急に降り出した雨 しかも土砂降り! 急いで合羽を羽織ったけれどびしょ濡れになりました このとき 雨のライブを覚悟しました 無事にシャトルバスに...

2008年9月23日 21:39        続きを読む »»

コブクロ 10周年ファンフェスタ に2万5千人 新曲も発表 from お買い物情報

コブクロ デビュー10周年記念のライブを第2の故郷でもある 和歌山で2万5千人のファンが集まって大規模なファンフェスタを開催しました。 デビュー曲の『エ...

2008年9月24日 23:58        続きを読む »»

コメント

コブクロファンスタは最高に幸せな1日でした私達も暑かったですがコブクロお二人はもっと暑かった筈ですでもとっても素敵歌声を聴かせて下さったお二人拍手を送りましたそして感動の涙と…あんな幸せで素敵な最高な日は生きてて初めてです

井上悦子        2008年9月19日 19:03

9月6日は、私にとって最高の日でした。何度天気予報を確認しても、雨にも関わらず、ほとんど晴天で熱い一日でした。でも、不思議と苦痛ではありませんでした。ライブ中も太陽はほとんど背中に照らしを受けていましたから、マシでしたが、その分、コブクロのお二人が直撃で、途中、本当に心配になったくらいでした。でも、最高の歌声を、感動を聞かせて頂き、心から感謝です。私にとって、一期一会の瞬間でした。一生忘れません。本当に有難うございました。

西山 ともみ        2008年9月23日 21:13

今回も「こころ組」でした。かなり悲しかったです。
でもこうやって、ライブレポを書いてくださると本当に行った気分になり本当に嬉しいです。来年は行けるかなぁっと思っています。
コブクロのお二人本当にお疲れ様でした。

まーちん        2008年9月23日 23:34

3週間も過ぎてのコメント…

関東から遠征ではじめて降りた和歌山でしたが、どこか懐かしいとても癒された町でした。
自身とてもひとりでは参加するつもりではありませんでしたが、参加できるハズもないけどチケットを買ってた北海道の友達の気持ちと共に、初めてのファンフェス参加でした。
ひとりでいても友達の分まで逃すことのないようにいっぱい見たり聴いたりで疲れることなどあり得ないほどのあっという間の時間でした。
ライブ終了後の放送で、空席だった友達のスタンド席の座席ラベルをいただいてきました。こころだけ一緒に参加していた友達に、とてもいいお土産になりました。
できれば来年(11年目)は一緒に参加したいです。

taday        2008年9月27日 21:28

コメントを入力してください
私は和歌山にはいけなかったのですがDVDを子供が買ってきてくれて、毎日見ています。
朝からも見て、会社に出かけますが、一日がとても幸せです。
まだ一度もコブクロライブに行った事ないので、今度は必ず
行きたいと思ってます。
コブクロ大好きです。

匿名        2009年3月24日 19:22