LIVElog/@ぴあ | FUJI ROCK FESTIVAL '08 1日目

FUJI ROCK FESTIVAL '08 1日目

今年で12回目を迎えたFUJI ROCK FESTIVAL。晴れると暑いだとか、夜は寒いだとか、雨が降ると靴がぐちゃぐちゃによごれるだとか、ステージとステージの間が遠いだとか、そんなことばかりを聞かされていたから、フジロックは今年が初めての参戦。7月26日(金)の第1日目をレポート!

080804_fujirock_1.jpg

初フジロックの初ライブは、メインの野外ステージ・GREEN STAGEのザ・プレジデンツ・オブ・ザ・ユナイテッド・ステイツ・オブ・アメリカ。彼らがステージに登場すると、大歓声があがるとともに観客には笑顔がこぼれていたようだった。というのも、2弦ベース、3弦ギター、ドラムスという編成で演奏されるユニークなロックパフォーマンスを期待してのことだろう。演奏もその期待どおりというか、昔と変わらないすばらしさ。もちろんギターは3弦、ベースは2弦、なのに、まったく違和感のない音圧と迫力で、観客を圧倒していた。

この後、フェス飯を求めて屋台が並ぶOASISへ。牛タン弁当はコリコリとした食感がすばらしかった。食事をすませて、OASISに隣接する屋内ステージ・RED MARQUEEへ。そこではイギリスの新人バンド、ザ・ラスカルズがライブをやっていた。お客さんの期待度をあらわすように会場は盛況で、ノリのいいロックでフレッシュなステージを繰り広げていた。

080804_fujirock_2.jpg

それから、GREEN STAGEへ戻り、くるりのライブ。フェスとあって、「東京」「ばらの花」など、くるりの名曲がオンパレード。フジロック最大のステージであるGREEN STAGEにあって、日本人アーティストでありながら、見劣りしない貫禄あるパフォーマンスで盛り上げた。サポートで入っていたギタリストの激しいプレイも盛り上げていた。

会場の隅のほうまで行ってみようと、とりあえず練り歩く。WHITE STAGEを抜け、木でできたBOARD WALKを進むとFIELD OF HEAVENへ。ジェイソン・フォークナーがライブを行っていた。最新作をくるりが主宰するレーベル「NOISE McCARTNEY RECORDS」でリリースした縁からか、さっきまで別のステージにいたくるりのふたりが登場。会場がわーっと沸いた。ギターに岸田、ベースに佐藤が入り、名曲「She Goes To Bed」をセッションした。

歩き回ってみると会場の広大さが身にしみてくる。だんだんと暗くなるにつれて、山のひとり歩きは怖いものだなと思った。ということで、ORANGE COURTのオゾマトリ、FIELD OF HEAVENのマイス・パレード、WHITE STAGEのギャラクティックのライブをつまみ食いしながら移動し、GREEN STAGEのトリのマイ・ブラッディ・バレンタインへ。

しばらく活動を休止していたが、昨年再び集まり、これが約17年ぶりの来日。そんな長い年月をを感じさせることがない貫禄ある佇まいで圧倒。演奏でも音と音がぶつかり合い大きなノイズとなって聴き手へぶつかっていく。何者にもマネのできないであろう存在感を放っていた。ラストの曲「YOU MADE ME REALISE」では、曲の途中でそれぞれが一心不乱にノイズを垂れ流し始める。固唾を飲み込みながらいつまで続くのかと見守る中、時間が経過することおよそ15分。見事なほど、ビタっと同じタイミングで曲へ戻り、圧巻のパフォーマンスに観客を驚かせていた。鳥肌の立つすばらしい演奏だった。

Text●@ぴあ編集部


>>2日目のレポートへ

>>3日目のレポートへ

トラックバック

トラックバックURL: